【Nikon ニコン】ニコンカメラのショット数はメーカーに出しても正確に調べてくれません。

目安時間:約 7分
  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
    にほんブログ村

こんばんは。コウです。

 

お恥ずかしながら最近分かった事実があります。

表題の件ですね。

 

ここ数年はサービスセンターに電話をすることはあっても

具体的にカメラのショット数に関して聞く事はありませんでした。

 

 

ほんと何年ぶりでしょうか。

ニコンのサービスセンターに電話をする機会がありました。

それは何に関して聞こうかと思ったのかと言いますと

シャッターユニット交換に関してです。

 

 

中古でも10万以上するカメラで

例えばニコンD600、700、800などを購入しよとした時に

購入する前にショット数が分かったとしましょう。

それでそのショット数が4,000回だったとしますね。

 

普通、中古で10万以上するカメラのショット数が4,000回の場合って

ほぼほぼ美品かほぼ新品同様の外観が殆どです。

 

しかし、まれに外観がかなり使い込まれて使用感がある場合があるんです。

傷だらけとか、かなりテカっているとか。

ショット数4,000回程度でここまで使用感ある?ってカメラです。

 

 

この場合って

どう考えればよいでしょうか。

 

この件に関してまずニコンサービスセンターに電話で確認しました。

ニコンの場合、シャッターユニットとかミラーユニットを交換しても

ショット数の情報っはまず消えないらしいです。

それは、ユニット交換したからと言ってショット数がリセットされると

いろいろと問題があるからだと言ってました。

なのでユニットを交換してもショット数はリセットされません。

 

リセットされるのはカメラの基板をまるごと交換した時らしいです。

まるごと変えるのでこの場合はもうリセットせざるを得ないらしいです。

 

 

という事は

ショット数が4,000回ほどで

外観が超使用感あるカメラって、、本当に4,000回しか使ってないか

あるいは基板交換しているって事になりますね。

本当かーー??

 

まぁ、ニコンの人が言っていたので本当なのでしょう。

 

 

その話の流れで聞いたんです。

「外観が超使用感あるのにショット数が4,000回とかしかない

中古のカメラを購入した時にニコンサービスセンターに持っていけば

本当の正確なショット数って調べてくれるんでしょうか?」

 

で、ニコンサービスセンターの人が言ったのが

「それはお答えできないのです」でした。

 

え?? うそ??

え?え?

 

「確か僕の記憶では数年前までは確実に教えてくれてたと思うのですが?」と聞き返すと

 

「現在ではそれは答えられないのです」という答えでした。

 

え? マジですか?

いつから? 最近?

 

理由は個人情報うんぬんらしいです。

 

 

その後にコウは

3箇所のニコンサービスセンターに電話して聞いたんです。

そしたら、全てのサービスセンターで同じ答えでした。

 

 

 

知らなかった。。。

 

 

ニコンって修理に出したその時でも正確なショット数は教えてくれないのです。

 

 

信じられなかったので

僕が依頼している修理店のベテランのおっちゃんにも聞いてみたんです。

そしたら「ん?普通に調べられるよー」って。

え?なにそれ?

 

 

修理店はいけるんだ。笑

修理店によるらしのですが

要はショット数を調べられる機械があるかないからしいです。

その機械を持っている修理店は調べられるって感じらしいです。

 

だからニコンに持っていかずに

調べられる修理店にいけば教えてくれるらしいです。

 

 

ニコン的には何かの理由でショット数は公にできないらしいのです。

個人情報ってコウには言ってましたけどね。

個人情報って、ショット数って個人情報?って思いますけどね。

ショット数で個人情報が特定できるの?て思っちゃいますよね。

ようわかりませんね。

 

 

ま、ニコン的には出したらダメなんでしょうね。

しかもシャッターユニットを交換したのかどうかも教えてくれないんです。

別にいつ交換したかとかいらないので

このカメラがユニットを交換したのか、していないのか、そこを知りたいだけなんですが。

それも出せないらしいです。

 

 

まぁいろいろあるとは思うのですが

ショット数くらい調べてくれても良いのでは?と思います。

だってショット数で雲泥の差がありますからね。

 

今はニコンで調べてもらわなくてもいろんなソフトがあるので

それで調べられますからね。

 

 

逆にキヤノンはサービスセンターにもって行けば調べてくれますからね。

この差はなんなんでしょうね。笑

ユーザーの満足度は確実に違いますよね。

 

 

という事で

数年前まではニコンのサービスセンターにもっていけばショット数を調べてもらえましたが

現在は正確には調べてくれませんので。ご注意を。

 

 

 

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
    にほんブログ村

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【ペイパルより換金手数料が確実に安い。100%です】
6年ebayカメラ転売をしていた私も最近知りました。
お恥ずかしながら。何と不覚な。。。
もう数十回換金しましたが今のところ100%ペイパルより得です。そうなんです。100%です
ebay輸出をやっててここを使って無い人は相当~損してますよ
早目のご登録をおすすめします。↓ ↑ ↑ 長きにわたりebayカメラ輸出経験者も知らない人は知りません。知らないってホント怖いですね。
プロフィール

nigaoemaker

管理人のコウです
詳しいプロフィール



簡単なプロフィール

初めましてコウと申します。
前職は営業職のサラリーマンでした。

2005年に菅野一勢さんの本に衝撃を受け情報商材という世界を知り小遣い稼ぎでアフィリエイトを始める。

サラリーマンの傍らブログアフィリエイトにチャレンジし、月に13万円稼ぐ。しかしその後は月に10万円も稼ぐことができず挫折。

脱サラを目指すもノウハウコレクターになり結果も出ず数年を過ごす。

2011年にカメラ転売に出会い実績を出し始める。
数ヶ月後ヤフオクで月収30万を達成。

半年後には月収80万円を達成。
2012年4月にはネット仕入100%で月収100万を達成。
2012年半ばには日給で約50万の自己記録更新。

2013年にebay参入。
7ヶ月後ebayのみで月収100万突破。
その後はebayで100-120万を維持。
2015年に入り月収150万を突破。
現在は月収300万を目指す。
2016年からタオバオ輸出に本格参加。

【カメラ転売には必須の思考】 クラウドソーシング大活用対談
この考え方は特にカメラ転売に置いては必須です。

カメラ転売の1番の壁って何か知ってます?1人力から2人力以上にするタイミングと方法です。

いかに効率の良い人材を確保するか。これは人を増やす時に生命線と言っても良いでしょうね。
その答えがここにあります。
無料でこの対談は価値が高いです。
カメラ転売、物販をしている方は見て損はありません。

カメラ転売を本業にしている方はこのポイントで苦労します。間違いないですね。この壁を超えられず消えていったカメラセラーをたくさん知っています。みなこのポイントで挫折していきます。
逆にここを超えたら早いですよ。
それだけ難しいんです。
この対談は見ないと損です。
http//www.sekai10-cloudsourcing

カテゴリー
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ
最近のコメント
メタ情報