ネット上には日本全国津々浦々

いろんなカメラ店が存在します。

 

その中からどの店で仕入れるのか

これは非常に大事です。

 

店選びの視点

僕が主に見るのは2点です。

① 値引きしてくれるお店か。

② 買取客がどれくらいいるか。

 

 

値引き可能な店なのか

①に関しては一切値引きお断りのお店は実際あります。

フジヤとかMAP、三宝あたりはまず無理でしょう。

 

昔フジヤはどんな安いカメラでも送料1,050円とってました。

今でこそ20,000円以上なら送料無料になりましたが。

まずは送料をどうにか無料にさせてやろうと

いろいろ挑みましたが、だめでした。

結局、お店的な決まりなので無理なのです。

三宝も同じですね。

 

 

基本的に有名カメラ店は難しいでしょうね。

相当な常連客になれば、裏値引きもあるかもしれませんが、

通常の仕入れではまず無理でしょう。

 

 

値引きしない強気な店というのは

値引きしなくても稼げるバックヤードがしっかりあるんです。

在庫がどんどん入荷されるバックヤードが。

 

 

ポイントは「まとめ買い」です。

まとめて買った場合にどれくらい値引きできる店なのか。

ここは店選びの大きなポイントです。

 

 

結構、あの手この手で試しました。

まずは名前を覚えてもらう、

電話するたびに何か1つでもいいので店情報を聞き出す。

最近の中古カメラの動きを聞くもよし。

すると向こうから冗談言ってきたりしますよ。

結構年配の方が多いので、話好きが多いのも特徴でしょうね。

 

この人は

「値引きするとたくさん買ってくれる」とか

相手にも期待させる部分を作るというのもコツのひとつです。

 

 

買取客がどれくらい存在するのか

②の買取客の問題。

買取客が結構いる店というのは流通で言えば、

エンドユーザーから仕入れている事になります。

やはりユーザーからの買取が一番おいしいです。

間違いなく一番安く仕入れられますから。

 

客は買取の相場なんて知りませんからね。

客も「そんなもんだろうな」って感じです。

「そんなに安いの?!」って客もいますが。

 

業者間の交換会とか売買もありますが、

そこには既に業者の利益が乗っかってますから

価格もそこまで安くないのが現状です。

安いのもありますが。

 

キタムラが良い例ですよね。

タダみたいな値段で買取って高く売ってますから。

 

買取客がほとんど来ないカメラ店は

どこから仕入れてると思います?

同業者で交換したり買い取ったりしてるんです。

すでにベースが高くなっているので、売る値段も高くなります。

値引きできない事情があるんです。

 

 

買取客が多い店というのは

その分値引き幅も大きいと思って良いと思います。

狙うならそんな店です。

 

 

おすすめの記事