【ebay バイヤー あれこれ】 リターンリクエストにはご用心を。 バイヤーは3営業日後にエスカレーション可能です。

こんにちは。コウです。

 

ebayで販売されている方なら経験あると思います。

リターンリクエスト。

「返品してくれ」というリクエストの事です。

 

このリターンリクエスト少し前までは

ご存知の方も多いと思いますが大変やっかいな項目でした。

バイヤーがこの「リターンリクエスト」のボタンをポチッと押すと

どんな理由であれ、そうそれが間違って押してしまったということであれ

評価ページに「リターンリクエスト 1」が加算されていました。

 

 

しかし、現在はリターンリクエストがあっても特に加算されません。

この点はかなりセラーの事をやっと考えてくれたんだなと。

ま、普通に考えたら当たり前の事なんですけどね。

 

現在はリターンリクエストされたからといって

パフォーマンスには一切影響しません。

 

ここからが大事ですよ。

パフォーマンスに影響するのは主には2パターンあります。

①リターンリクエスト → エスカレーション(ebayが介入) → バイヤーの勝ち

②ケースオープン → エスカレーション(ebayが介入) → バイヤーの勝ち

 

この「バイヤーの勝ち」だと仲介のebayが結論を出すと

ここで始めてパフォーマンスに影響します。

 

現状はエスカレーションされると

8-9割方「バイヤーの勝ち」になると思って良いでしょう。

何しろバイヤー保護はハンパないですから。

 

なのでセラーとしては

「ケースオープン」あるいは「リターンリクエスト」された時点で

バイヤーの要求を100%素直に聞き入れた方が得策です。

それが自分にとって理不尽な要求であってもです。

 

 

なぜかと言うと

バイヤーはリターンリクエストあるいはケースオープンした後

3営業日後にはどちらもエスカレーションできるからです。

バイヤーとメールでやり取りしている最中であっても

3営業日が過ぎると過ぎた時点で

バイヤーはエスカレーションできてしまうのです。

 

エスカレーションされたらどうなります?

ebayが介入してきますよね。

でどうなると思います? 殆どの結論は「バイヤーの勝利」となります。

稀に「セラーの勝ち」と判断される場合もあるらしいですがホント稀です。

それが現実です。

 

「バイヤーの勝ち」と判断されると

セラーダッシュボードの「Cases closed without seller resolution」の項目に

「1」が加算されます。

この項目って0.3%以上になると「Below Standard」に落ちるんです。

0.3%ですよ。3%ちゃいますよ。この0.3%っていう意味知ってますか?

 

 

例えばセラーダッシュボードのページを開くと

一番上あたりにプルダウンの項目で

Region:USA

Region:UK,Ireland

Region:Germany,Austria,Switzeland

Region:Global

って4つの地域がでてきますよね?

 

 

例えばここがUSAの場合

今までUSAのバイヤーに売った数字が200個だとしましょう。

「Cases closed without seller resolution」の項目が「1」加算された場合

アメリカに売ったのが100個なので、1/100になります。

1÷200です。これ何%になりますか? 0.5%ですよね。

この時点でアウトです。

0.3%以内でないとダメですから来月からBelow Standardです。

0.3%以内に抑えるためには最低でも334個売らないとダメなのです。

1÷334=0.00299 ですので。

 

334個売るまでに

「Cases closed without seller resolution」の項目に

1つ加算されるだけで次の月からBelow Standardに落ちるのです。

しかも0.3%以上に回復するまではず~~~っとBelow Standardです。

 

現時点でアメリカに200個しか売ってないのに

「Cases closed without seller resolution」の項目に1つ加算された場合

あと124個売るまでず~~~っとBelow Standardです。

月に50個しか売れなかったとすると何ヶ月かかります?

約2.5ヶ月かかるわけですよね。

2ヶ月以上はBelow Standardだということです。

 

 

Below Standardになってしまうと

全く世界が変わります。

全く売れなくなるのです。検索もほとんどされません。

検索順位なんて言葉もないくらい自分の商品が出てきません。

ebayで検索してもほとんど出てこなくなるのです。

それくらい厳しくなります。

 

 

そんな事になる前に

リターンリクエストあるいはケースオープンされた時点で

「こりゃ危険だな」と思うべきです。

ボ~っとしてたら3日後にエスカレーションされてしまいます。

 

 

なのでリターンリクエストあるいはケースオープンされた時点で

しっかり対応しないと「地獄」に落とされます。

ケースオープンあるいはリターンリクエストをされたら

「バイヤーの要求を飲む」方が得策だと言えます。

理不尽な場合でも、ムカついてもこれはしょうがないのです。

感情的になったらダメです。

あ、これは危険だな。と察知すべきです。

Below Standardになるよりよっぽどマシですよ。

 

Below Standardは地獄ですから。

 

ま、普通に販売していると

そこまでエキサイトすることはありませんがね。

しかし、この仕組はしっかり頭に入れておくと良いと思います。

 

ebayをやりだした初期の頃って

自分のセラーダッシュボードなんて見ないですよね?

でもしっかり見て下さいね。

セラーダッシュボードの数字によって全て決まりますから。

 

 

2 件のコメント

  • ちょっと違うな。
    嘘教えたらアカンで、、
    煽り過ぎやしwww

  • ご指摘おーきにです。
    修正しました。エスカレーション可能なのはケースオープンから3日後ですね。
    ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。