おはようございます。コウです。

 

先日、久しぶりにリターンリクエストがありました。

いわゆる返品ですね。

ここ最近はほとんどなかったんですが。

 

 

中国人バイヤーからです。

売れたのは$250ほどのフィルムカメラです。

返品理理由が呆れます。

「届いてみたら関税が日本円で8,000円以上もする。払えないから返品する」です。

 

 

関税を払うのって普通常識ですよね。

ま、自分の常識は世界の常識じゃないという事ですね。

しかもこのバイヤーの評価は一桁でした。しっかり確認すべきでしたね。

 

 

そこまで高額商品ではないので見落としてました。

やはり評価一桁のバイヤーは事前に確認すべきですね。

確認項目は、傷、くもりなど、そして関税ですね。

以前の記事にも書きましたが評価一桁の人は要注意です。

特に中国人なので。中国はフィルムカメラの場合の関税はおそらく30%です。

それを知らなかったんでしょうね。

 

 

評価が一桁のバイヤーの場合、カメラ、レンズの傷などは事前に相手に確認しといた方が安全です。

出品ページの説明文に書いたとしても外人って基本見てませんから。笑

評価一桁のバイヤーは送る前に確認した方が良いですね。

「このレンズの鏡胴に傷があるけど確認してますか?」とか

「海外から買い物する場合関税を払う必要があります。あなたはそれを認識してますか?」など。

 

 

今回のようなリターンリクエストは

商品代はモノがバイヤーから届いてから返金します。

返金はebayの画面から手続きできます。

ebayの中でケースが閉じられると自動で相手方に返金されます。

また今回の場合は完全に返品理由が「関税」なので中国から日本までの送料は払う必要はありません。

 

 

最近「評価ゼロ」のバイヤーが高額商品とか買うんです。

ちょっと怖いですよね。

ま、直ぐに支払いもあるのですが、念には念を入れて確認してます。

 

 

まずメールをして直ぐに返信があるかどうか。

しっかり出品ページの商品説明部分を読んでいるのか?写真だけ見て買ってないか。

関税を払うことは認識しているのか。

基本ここを確認して大丈夫であればほぼ大丈夫だと思います。

 

あ、あと念のため住所も確認しといたほうがいいですね。

ebayとpaypalの住所が一致しているかどうか。

 

 

$5000とか$6000とかの商品は1度買ってもらったら

返品されないようにしないと結構ダメージデカイですからね。笑

 

しかも昨年10月から20万以上の商品の返品には約7,000円支払わないとダメになりましたから。

しかも今年4月からは20万以上の商品を送る時も確か2,800円ほど支払う必要があるんです。

ま、それも込みで商品価格も考えないとですね。

 

 

おすすめの記事