【カメラ転売 思考】量をやらない人にプロはいない。量と質の話。

 

最近とある人の話を聞きまして

まさにそうだなーとしみじみ思いました。

 

それが表題です。当たり前の事なんですけどね。

量をこなさずしてプロにはなれないという事です。

これはどの分野にも当てはまる事じゃないかと思います。

 

プロのスポーツ選手でもそうですし

職人の世界でもそうじゃないかと思います。

ネット関係もそうだし転売の世界でも同じかなと思うんです。

 

 

プロの野球選手でも1日素振りを500回とか1,000回とかやるわけです。

プロが毎日やるんです。

プロになるためにはこれ以上の努力が必要だという事は誰にでもわかりますよね。

プロになるならプロ以上に毎日毎日数千回、数万回やる必要があるし

それ以上の何かの努力がない限りプロにはたどり着けないわけです。

 

 

コウはイチローの考え方が好きでいろんな本も読みましたし

過去の動画も結構見ています。

コウも中学から大学までずっとスポーツをしてきたのでスポーツは好きです。

 

 

で、最近見た動画が下記です。

稲葉さんとの対談動画ですね。

対談動画の最後に言った言葉にすんごい重みを感じました。

そして自分の仕事とかいろんな事に照らし合わせてみた時に

いろいろと感じる事がありました。

 

イチロー選手が動画の最後に言ったんです。

結局、遠回りすることが一番の近道」って。

この言葉が出るまでの過程の話を見てほしいんです。

 

動画の 8:33 あたりからトレーニング方法の話になるんです。

それで最後 12:17 に「遠回りすることが一番の近道」という名言が出てくるまで

この間、4分も無いのですがイチローの人生の教訓が詰まった4分間だなと思いました。

 

皆さんも一度見てください。

https://www.youtube.com/watch?v=8T5ivQS7WhU

 

 

その時は「こんな事やって何の意味があるの?」と思ってても

後で振り返ってみると結局、この無駄だと思っていたことが無駄ではなく

逆に一番大事だったんじゃないのか。と思えるような事かなと。

めっちゃ深い言葉だなと思いました。

 

 

スポーツとビジネスって全く違いますが

目標を持ってそれを達成させるという点では共通していると思います。

 

 

世の中にはいろんな稼ぎ方があります。

簡単に稼げる、殆ど何もしなくても稼げる、週末1時間だけで稼げる、数クリックで稼げる

というような謳い文句でセールスするビジネスもありますよね。

 

 

それはそれで本当かもしれません。

しかし長くは続かないとコウは思います。稼げたとしても短期間でしょう。

数年以上稼げるようなものでは無いと思います。

 

カメラ転売も同じでいろんな稼ぎ方があると思います。

実際カメラ転売ひとつとってもいろんな手法があるので。

 

でもはじめは必ず量をこなす事をおすすめします。

自分でやらなきゃ分かりませんから。

特にフィルムカメラなんかは自分で買って触って売ってみて気付く事が多いんです。

それを飛ばしてしまうと相場感なんてつかめません。

 

 

そして何でもまずは最後まで自分でやりきる事です。仕入れから発送まで。

仕入れ交渉からバイヤーとのやり取りまですべてまずは自分でやってみる事です。

やってもないのに最初から効率を求めて外注しちゃうと失敗するでしょう。

 

 

ゆっくり積み上げたものはすぐには崩れません。

土台がしっかりしているので。

コウはそんなカメラ転売をしてきたのでそう簡単には崩れません。

カメラ転売をやると決めたら中途半端じゃなくとことんやるべきです。

 

 

土台がしっかりしてないとすぐに崩れます。

積み上げ型カメラ転売をしっかりやりましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。