この記事がアップされてる頃には売れてるかもしれませんね。

上記タイトルの時間までは放置でした。

 

キヤノン EF 28-70mm f/2.8L ですね。

コウも過去にこのレンズは相当の数を売りましたね。

代表的な人気レンズですね。

 

 

正直、デジタルレンズで1万円以上の利益が取れるのは少ないです。

それもこれも仕入れ次第なんでが。

ネットに掲載されている価格で取れるのが少ないという意味ですよ。

 

今回もいつものチャンプさんです。

仕入は48,000円+送料ですね。なので多めで49,000円としましょう。

 

で、相場は

$650くらいで売れるでしょう。

 

で、利益は今の相場で、そして送料を4,000円で計算してます。

それで利益が10,500円です。

この利益額が多いのか少ないのかは考え方次第です。

仕入れ値5万以下で利益1万取れるなら拾いにいいますよね?

5,000円とかなら考えますが。

 

 

今回は状態は「B」ですが写真を見る限り綺麗っぽいです。

カメラ屋によってBとか良品とかでもかなり綺麗な商品もあるのです。

逆に「美品」となってても「ん?これ美品か?」っていうのもあります。

 

 

これは店のランクの決め方を把握しないと分かりませんよね。

チャンプの場合は結構「B」でもこれは「AB」クラスだなというのもあるのです。

ランクを見ただけで決めつけるのはまだまだ甘いです。笑

ちゃんと写真までしっかりチェックして自分の目で確かめる事です。

 

こういうのも経験が無いと分かりませんよね。

買わないと店の「くせ」っていうのは分かりません。

 

 

「ネットショップでもまだまだ利益が取れる商品は買える」んです。

少なくなってるのは確かです。でも探せばあるんです。

これってもう何回も言ってますよね?

何度言っても答えは「ありません、買えません」です。

 

 

だから実際にこうやってコウがブログに書くんです。

あるでしょ?って。

これでも無いっていうの?と

 

 

そりゃ大量にはありませんよ。

でもあるでしょ?それを続ければ相場感が少しづつ身につくでしょ?

コウ的に言えば仕入には段階があるので

まずはそれでいいんです。その段階を経ないと逆にダメなんです。

 

 

ちゃんと探したの?

全部見たの?全部だよ?全部。

すると答えはほとんどが「見てません」です。

「見えない」とも言えますね。

 

 

だって始めは全部の商品の相場って分かりませんから。

でもじゃあ、どうやったら相場感が身につくんですか?

調べて、触って、買って、出品して

これの繰り返しですよね?違いますか?

そんな簡単に相場感なんて身につかないですよ。

その「探す」という作業が面倒くさいなら、それはもうどうしようもないですよね。

 

そういう事です。

 

 

 

おまけに

こういうのも低価格商品で利益は少しですが1500円ほどは取れます。

 

 

 

 

あとこれなんかは面白いかもしれませんね。

 

 

相場的には

これはあまり出品されてませんが定期的に欲しい人はいるようです。

アドバンスで検索すると直近でのデータはありませんが

テラピークで見ると分かります。

 

値が張っても買う人がいるということが分かります。

オークション形式で安く落札される場合もあるようですが

高値で買う人もいます。

少し時間はかかりますが必ず探している人もいるのは確かです。

こういう商品にチャレンジして経験値を伸ばすのは大変大事です。

 

 

こういったいろんな可能性のある商品を自分の「店」に並べるのです。

するとバイヤーの滞在時間が長くなり

「この店は面白い商品を揃えてるぞ」となると

そのバイヤーはあなたの店をチェックするでしょう。

すると次回もまた覗きにくるはずです。

 

 

同じような商品を並べていてもそんな店は魅力に欠けます。

「ついで買い」ろ誘発させるような商品の組み合わせもあるはずです。

そういったちょっとした仕掛け、工夫は今後さらに大事になってくると思います。

 

単に商品を並べているだけでは「普通に売れる」だけです。

 

 

 

おすすめの記事