【ebay カメラ店・ネットショップ 】カメラ店のイベントを把握して仕入値を下げる

おはようございます。

 

最近はカメラの仕入れについて書く事が増えています。

あなたが仕入れに苦労していると思うからです。

間違いなく転売で稼いでいる人の共通点でしょうね。

 

 

結局悩みは仕入れなのです。

安く仕入れられさえすればほとんども問題は解決するからです。

 

コウのコンサルを受けている方もそうですが

仕入以外に関してはある程度の量と時間をかければ解決できる問題です。

 

カメラ、レンズの特徴であったり

出品写真のクオリティーだったり

出品ページの質だったり

質問の回答だったり

 

 

こうい事はしっかりと教えてもらえる人から学べば

量をこなせば解決できるしどんどん質は高まるでしょう。

 

 

しかし仕入は別の話です。

安く仕入れるには量をこなす事では解決できないです。

 

今回はそんな仕入でのポイントのひとつをお話します。

仕入での数あるポイントの中のひとつに「仕入店をしっかり分析する」というのがあります。

 

分析といってもそこまで大した事ではありません。

今日はカメラ店の「イベント」に焦点を当ててみたいのですが

みなさんはカメラを仕入れる時にモノの価格だけをいつも見ていませんか?

 

 

商品と相場の価格だけを見て仕入れてるのであれば

それは仕入れる機会を逃していると思います。

でも価格だけを追いかけていてもいつもの店が安い、となればあれ?と思うはずです。

 

 

その店が特別に価格を下げている時期ってあるはずなんです。

例えばとある店は夏の盆前の1ヶ月間は全商品を10%引きしているとか。

それは早いもの勝ちで7月末からスタートする。とか。

その場合は初日に「待ち伏せ」して結構購入したりできちゃうんです。

そんなイベントとか。

 

 

あとは毎月特定の商品だけ〇〇%引きとかありますよね?

○ップカメラの○市なんかは結構仕入れられたりしますよね?

最近は定期的に行っていますよね?

デジタルカメラ系でも安ければ売れますからね。

 

 

そいうい各カメラ屋の特定イベントってあるわけです。

そういうのをしっかりチェックしていけば全国にカメラ店は結構あるわけですから

それを1つづつ潰していくだけでも結構仕入れられますよね?

このカメラ屋はいつもは高いけどこの時だけは結構仕入れられる。というのが必ずあるのです。

 

こういうのを一覧表にまとめたら

結構見えてきますよ。

あとここに会社ごとの決算期とかも記入していくんです。

決算期は売上がほしいので無理がきくんです。

 

 

こんな感じでこの店が1年で1番安くなる時期、

日、イベントをしっかりチェックするという事です。

これだけでも数千円、数万円の差がでますので。

是非、意識しながら仕入れてみて下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。