【メルマガバックナンバー:2016/12/13 配信】 20万円以上の商品返品で郵便局に6,600円払います。

月収100万円を稼ぎ続けるebayカメラ輸出メルマガ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カメラ輸出で経済的自由を手に入れる実践ノウハウ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバーが見れるページ
http://wp.me/p7l3Wq-9O
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの記事にも書きましたが
最近20万以上の商品が返品されました。

 

 

すっかり忘れていたのですが
今年の10月から日本郵便に輸入申告の手続きを
委任する場合は6600円の手数料が必要なんです。

 
これはあくまで郵便局に委任する場合ですが。
委任せずに自分で手続きをする事も可能です。

委任しない場合は手数料はかかりません。

 

郵便局に委任すれば 6,600円。
自分で手続するなら0円という事です。

 

ただし、自分で手続きする場合は
関西の場合だと大阪国際郵便局まで行って
手続きをしないといけないのです。

 

 

大阪国際郵便局ってどこにあるかと言えば
関西空港にあるのです。汗
そこまで返品された商品を取りに行って
自分で直接手続きをしないといけません。

 
ファックスとかネットで申告できないのか
税関に電話したりして調べましたがダメです。
必ず、関空まで取りに行って
自ら申告しないとダメなのです。

 

しかも混んでいたりすると
1-2時間かかる場合もあるのだとか。
関空までの交通費と時間を考えると
6,600円払った方が良いという結論に
いたりました。

 

 

返品の場合は関税自体はかからないわけです。
返品でもそれは輸入扱いになるので
輸入申告は必ず必要なんです。

 
で、その輸入申告を今までは
郵便局が代理でタダでしてくれていたんです。
要は郵便局のサービスの一環として。

 
そのサービスが今年の10月から有料になった
という事なんです。

 

なので20万円以上の高額商品が返品されると
必ず6,600円の手数料が必要になるという事です。

 

 

今後、20万以上の商品が売れた場合は
これまで以上に細かい動作チェックが必要ですし
外観の傷などもバイヤーと発送前にしっかり
確認した方が良さそうですね。
返品されないように。

 

 

郵便局は今年6月にも
EMSの料金を大幅に値上げしたのに
続けてこの申告のサービスも無くなるとは。

 
しかも来年の2017年4月からは
20万円以上の商品を輸出する場合も
必ず1個につき2,800円手数料がかかります。

 

輸入も輸出も
どちらも手数料が必要になるという事です。

 

 

20万以上の商品の返品って
そんなに頻繁にあるものではないですが
それにしてもいろいろ値上げし過ぎでしょ。
郵便局って経営的にしんどいんですかね?

 

 

どこかEMSに代わる安いサービスが
登場すれば競争が生まれるんですけどね~
今のところEMSに代わるようなサービスは
いろんな意味でありませんからね。

 

 

輸入も輸出も
20万円以上の商品の話ですけどね。

 

 

 
━[このメルマガのコンセプト━━━━━━━━━

 

このメールマガジンはebayのカメラ輸出だけで
月収3万円~100万円を達成するためのノウハウに
ついてお伝えします。
特に同じ世代の40代のお父さんには経済的自由を
勝ち取って欲しいと強く思っています。
カメラ転売6年以上の実績を持ち今でも現役セラー
として月収100万円以上を稼ぎ続けているコウが
日々実践しているノウハウをお伝えいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。