カメラのキタムラって全国に何店舗あるか知ってますか?

全国に720店舗あるんです。

これでも今年3月に129店舗閉店を発表してからの店舗数です。

元々は850店舗ありましたから。

 

凄いですよね。

大規模な閉店がありましたがそれでも700店舗以上ありますからね。

しかしここまで拡大したキタムラも年々売上は落ちています。

しかも今年2018年の8月に東証二部の上場を廃止する予定とのことです。

 

キタムラ本体は右肩下がりという事なんです。

 

カメラ業界自体もiPhoneが出てきてスマホに高性能なカメラが搭載始めた頃から

徐々に売上は落ちて来ましたよね。

キタムラもその流れを受けて業績が落ちていったのでしょう。

 

コウがカメラを始めた2010年当時から

キタムラの買取価格はべらぼうに安すぎると言われてました。

客の商品をこれでもかと叩きまくっているわけです。

 

 

今でも覚えていますが、あるカメラをキタムラに持っていって査定してもらったんです。

ヤフオクなら数万円で売れるようなカメラの買取価格が何と500円~1,000円です。

は?え?って感じですよね。ありえないですよね。

 

 

みんなその当時はヤフオクで売るという考えがなかったので

ほとんどの人はキタムラに持っていてた時代ですね。

もう独占状態だったと思いますよ。

 

そのなごりは今でも残っています。

今でもキタムラにカメラを持っていくとアホみないな価格を提示してきます。

そんな低い査定価格で誰が買取ってもらおうと思いますか?

客は500円でも高いところで買取ってもらおうと思いますよね。

 

だからキタムラにカメラを買取ってもらおうと持ったけど

馬鹿みたいに安い金額を提示されて持って帰る客が結構多いんです。

 

だから近所にキタムラがあってもキタムラには売らないんです。

キタムラでの価格を基準に他の店に持っていくのです。

客も馬鹿じゃないですからね。

 

 

キタムラの買取価格に満足しない客は一体どこに持っていくと思いますか?

あなたならどこにもって行きます?

 

そういう事なんです。

 

 

 

おすすめの記事