【ebay 出品のコツ】カメラ転売にかかわらず、出品では写真が何よりも大事です。

おはようございます。コウです。

 

昨日は遅めの年賀状書きました。

遅すぎるって?笑

あれこれしてるとどうしても後回しになってしまうんですよね(汗

 

 

さて、表題にも書きましたが中古カメラのebay出品において一番大事なのは

間違いなく「写真」です。

写真がうまいと人より間違いなく売れます。

これはヤフオクでも同じだと思います。

ヤフオクの場合、商品説明なども買いたくなるような文章にすれば

売れる確率もあがるかもそれません。

 

しかし、ことebayにおいては感覚的ですが、

商品説明をしっかり読んでいる人もいるのですが、読んでいない方も結構いるんです。

 

 

だいたいNearMintとかで出品していると

説明読まずに写真だけを見て、「動作は問題ない?」とか

「シャッターはしっかり動いている?」とか質問してきます。

いやいや、商品説明に書いとるでしょ?って言いたいですね。

 

 

写真を綺麗に撮るには

やはり機材も大事です。

一眼レフカメラとストロボは確実に必要です。

 

 

そして、カメラの場合、いかに鮮明に見せてあげられるか。

これがポイントです。

カメラ内の数字の設定が大事になってきます。

撮影カメラのシャッタースピードはどれくらいがいいのか。

F値の数字は?などなど

この数字の設定がかなりのポイントになります。

 

 

この数字が違うだけで写真はまったく変わってきます。

あとは撮る角度によっても光の反射で全く変わります。

いろいろポイントはあるんですが。

これをマスターするだけでも結果は違ってきます。

 

 

バイヤーが買う時にライバルを出し抜いて選んでもらえるかどうかの

ポイントがまさに「写真」です。

前も言いましたが、ebayカメラ転売は「仕入れと写真」が全てです。

いかに綺麗なものを安く仕入れて、高く売れるか。それだけですから。

 

ebayカメラ転売で高く売るために写真技術は必須です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。