※過去のメルマガのバックナンバーです。

 

 

 

マンツーマンコンサルをやり始めて

コウが1番勉強させられているかもしれません。笑

 

人に教えるのって本当に難しいけど

いろんな発見、気付きがあって楽しいです。

最近はさらにカメラの奥深さを味わっています。

 

 

マンツーマンコンサルを始めて

いろんなebayバイヤーのページを見ています。

今まではそんなに見なかったんですけどね。

 

 

いろんなセラーのページを見ていると

このセラー勿体無いな-とかってあるんです。

埃がかぶったまま撮影してたり

ゴムのグリップが白いまま出品してたり

このカメラにはこのアングルの写真が必要なのに等

 

 

とにかく勿体無い売り方をしているセラーが

結構いるんですよね。

バイヤーにちゃんと見せるところ見せないと

売れないカメラってあるんです。

要はポイントを外しているんです。

 

 

特にフィルムカメラにはそれが多いです。

出品の仕方でこのセラー分かってないなとか

見えちゃうんです。セラーのレベルが。

 

 

でね。よく見ますよね。

「Excellent++++」とかって。笑

なんじゃそれ。って感じです。

この「++」と「++++」って何が違うの?

バイヤーが見てその表記で分かるの?

 

 

「++」の意味はこういう意味です。とか

「++++」の意味はこうです。とか

別に出品ページに記載してあれば別ですよ。

まぁああったく書いてないし。

ただの自己満足ですよね。笑

 

 

数年前まではこれで売れたかもしれません。

でも今はバイヤーに選ばれませんよ。

あなたの「NearMint」ってどのレベル?

あなたの「Excellent」って何?

ここをしっかり記載していないセラーは

いずれ選ばれなくなりますよ。

 

 

 

適当な出品ページは

しっかり綺麗に作られたページには勝てません。

 

例えば同じ評価数、同じTRS、価格も同じなら

後はどこで判断します?

写真と出品ページですよね?

 

ポイントをしっかり押さえている写真と

そうでない写真

綺麗で商品レベルの独自な基準があるページと

適当な出品ページ

あなたならどっちを選びますか?

 

 

最後に選ばれるページを作らないと

これからはバイヤーに選ばれないのです。

イコール売れなくなるという事です。

 

 

 

カメラ転売で1番大事なのは仕入れです。

これは間違いありません。

モノが無いと商売になりませんからね。

 

 

次に大事なのはコウは

ebayに関しては写真だと思っています。

だから写真のクオリティーにはこだわっています。

 

 

次に大事なのは

各パーツのレベルを総合的に上げる事です。

各パーツとは例えば

出品ページの質、

評価数、TRSの有無、

検索順位を意識した各ebayの設定、

質問があった時のレスポンスの早さ、

梱包方法

梱包時のちょっとした気遣い、

売れた後のフォロー、

リピーターになってもらうための仕掛け、などなど

 

 

質を高める各パーツは結構な項目がありますよね。

こういう細かいパーツの質を高められるセラーが

生き残るんです。

 

そう。細かいですよね。笑

面倒くさいですよね。

でもこういう事ができるセラーが勝つんですよ。

 

 

実際にコウは評価数の高いセラー、TRSのセラーの

最近の数カ月分の数字を出して比較してみましたが

評価数が1,000近いセラーも販売に苦労している

現状があるということも数字で理解できました。

反面、すごく上手に販売しているセラーもいます。

 

 

売れるか売れないかは

もちろんタイミングもあります。

しかし効率よく売っているセラーは上手いですね。

価格が安いから売れている場合もありますが

価格は高いのに売っているセラーもいるんです。

価格の安いセラーより高いセラーから買ってます。

なぜでしょうね。笑

 

特にフィルムカメラになるとその傾向は強いです。

 

 

勝つための試行錯誤は止めてはいけません。

止まったら負けます。

 

 

ネット物販の世界はそれだけ流れが早いです。

その中でもカメラ転売はまだ遅い方だと思います。

Amazonの無在庫なんかはハンパないですよね。

数ヶ月前の手法がもう使えないとか普通です。

どんどん新しい手法が出てきますから。

 

 

適当ーなページは

適当ーでしか売れません。

 

あなたの出品ページは

バイヤーに選ばれるページになっていますか?

 

 

おすすめの記事