※この記事は過去のメルマガのバックナンバーです。

 

 

みなさんGWはいかがお過ごしですか?

どこに行っても人いっぱいですよね?笑

小さいお子さんがいるご家庭は

結構大変でしょうね。

 

 

少し円安になってきましたね。

118円近い時は楽でしたね~

100円に近づくと輸出はキツくなりますね。

ま、しょうがないの事ですけど。

 

 

さて表題の件です。

皆様もご存知の通りコウの得意な手法は

ebay高額カメラ輸出です。

というかカメラ転売9年目に突入したコウが

行き着いたのが高額カメラ輸出なのです。

 

 

なぜ高額カメラ輸出に行き着いたのか。

この点についてメルマガで何度かに分けて

説明しようかと思っています。

 

 

カメラ転売自体が他の転売に比べて高額ですが

コウはさらに上の高額帯でずっと稼いできました。

それはそれなりの大きなメリットがあるからです。

 

 

通常のカメラ転売の平均的な仕入価格は

2万~5万の間ではないかと思います。

ebayジャパンセラーの数字を調べてみました。

評価100~800位まで約80人ほどを調べました。

 

 

ブログの最新記事を見て下さい。

このブログ記事の方法で調べてみました。

かなりアナログ的ですが。

【ebay ジャパンセラーの分析】ebay Japan セラーの売上、販売個数の調べ方

 

するといろんな傾向が見えました。

 

 

評価100代のジャパンセラーで言えば

3月の平均売上単価は 約$340 でした。

20人を無造作に抽出して調べた数字ですが

おおよその傾向は反映されているかと思います。

 

 

売上単価で$340なので仕入単価で言えば

2万円代の前半でしょうね。

この数字が評価100代の平均という事です。

要するに出品単価が$500にも満たないのです。

 

 

ちなみにコウの出品単価は $1000-1200でした。

上記の数字からすると4倍ほどですね。

今はそこまで出品していませんが

昨年中旬くらいまではそれくらいの単価でした。

 

 

始めはリミット自体が少ないので

そこまで高額な商品は出品できませんが

リミットが$10,000とか超えてくると

バンバン高額商品を出品していました。

完全に高額帯狙いだったので。

 

 

始めに言っておきますね。

仕入れも高額になるのでもちろん

仕入資金が必要です。はい。そうです。

数百万は必要です。

 

 

これは後ほど言いますが

高額カメラ輸出の大きなデメリットでもあります。

「結局資金が無いとできないのでしょ?」

あなたもこう言いたくなりますよね。

そうです。分かっていますよ。笑

 

 

しかし答えは

「はい。資金は必要です」です。

 

資金が無いと高額カメラ輸出はできません。

だって仕入れるだけで何百万も必要なので。

 

 

コウの場合平均$1000とかだったので

それを100個並べると1,000万です。

在庫だけで1,000万ほどあるという事です。笑

普通に在庫で1,300万とかありましたから。

 

 

仕入資金をどうにか調達してまでも

高額帯で勝負するメリットがあるのです。

カメラ転売で稼いでいるセラーは多いですが

この高額帯の旨味を知っている人は少ないはず。

 

 

なぜかと言うと

ebayのジャパンセラーを調べて分かったから。

平均$1000以上のセラーがほぼいないのです。

高額で勝負しているセラーほぼいないからです。

 

 

結局カメラ転売を1~2人規模でやる場合

ここに行き着くとコウは思っています。

結果的に高額商品を狙うのが1番効率的なのです。

 

 

今日は本題に入前の前座という事で。

次回から高額帯で勝負するメリットを

順番に説明します。

 

 

 

おすすめの記事