以前は高額商品販売のメリットなどを
7回に分けてお伝えしてましたよね。

今日からは低額商品販売の魅力を
お伝えしようかなと思います。

コウは今まで基本的に高額商品路線でした。
高額商品を売った方が
何より利益額が取れるし早いんです。
スピード感が全く違ってきます。
かなり効率的ですし。


ただ、高額商品を扱う場合は当たり前の話ですが
仕入れるための資金が必要になってきます。
はじめからでは無いですが
結果的には数百万の資金が確実に必要です。


カメラ輸出で独立を目指している方とか
月50万~100万を目指す場合は
この高額商品販売をおすすめしています。

ただ、最初からそんな資金なんて
十分に無い人がほとんどですよね。
であれば、資金の無い人でも簡単に取り組める
方法が無いのかと言えば、あるのです。


それが低価格帯のカメラ転売です。
ブログでも少しお話しましたよね。

カメラ転売と言うよりもカメラ付属品転売ですね。
カメラとかレンズとかは多分殆ど売りません。笑
カメラ転売なのにカメラを売らないんです。
売らなくても稼げるんです。


稼げる金額で言えば月に5万~10万でしょうか。
もちろん多く出品すればそれ以上も可能です。
一つの目安としては月に5~10万の利益です。

月に5~10万あればかなり違ってきますよね。
家族でちょっとした食事に毎月行けますし
いや、毎週行けるでしょう。

毎月5万を貯金すれば年間60万になります。
年に1回家族で海外旅行とかも行けるわけです。
お小遣い的な金額になりますが
今の生活に少しの潤いを与えてくれます。


カメラをやって9年目になりますが
国内販売のヤフオク、メルカリもそうですし
海外販売のebayも共通して言える事は
高額帯と低額帯は何よりライバルが少ないのです。


通常の価格帯が一番ライバルが多いのです。
通常のカメラ転売の平均価格帯です。
ebayで言うなら$200-500あたりですね。
ジャパンセラーは大抵みんなここです。


コウが扱っていた価格帯は平均$1000です。
数倍違いますよね。
そうなると仕入れるものが全く違ってきます。
通常の価格帯を扱っているセラーが
売った事の無いカメラばかりを売ってました。
みんなそんな価格帯の商品は手が出ないのです。


そしてもう一つが低額帯です。
この価格帯も実はライバルが少ないのです。

普通カメラ転売と言えば
カメラとかレンズをイメージしますよね?
カメラ転売でいきなり始めから付属品だけを狙って
始める人って殆どいませんよね?


カメラ転売の魅力ってやっはり何と言っても
1個あたりの利益額が大きいという点ですよね。
1個で5,000円とか1万円とかの利益が取れる。
上記の理由でカメラを始める人が多いはず。
最初から付属品を狙って始める人は殆どいません。


世の中のカメラ転売スクールなんかも
低額帯のみを教えるようなところも殆どありません。
そもそもスタートが違うんです。

多分カメラ転売を数年やってきた人さえも
付属品の目利きはほとんどできないでしょう。

例えば、ストラップってありますよね。
各メーカーのストラップが10本あるとします。
そのストラップの中で何が一番利益が取れるか。


またストラップに付いてる金具ってありますよね。
ストラップとボディーを繋げる金具の事です。
主にフィルムカメラで使うものです。
この金具、各メーカーにいろんな形があります。
各メーカの金具が10個あるとします。
どの金具が一番人気で利益が取れるか。


数年間カメラ転売で稼いできた人に聞いても
上記の質問に答えられる人は多分ほぼいません。
間違いないですよ。答えられないはずです。笑


カメラ類で1番利益が取れる商品は知っていても
付属品で1番利益が取れる商品は知らないのです。
売って来なかったからです。
扱わないからです。特に必要ないからなんです。
付属品なんて売らなくてもいいからです。


仕入れた時に余ったらおまけで売るくらいです。
付属品はそれくらいの扱いなんです。
これをメインに売ろうなんて考えないのです。

一瞬考えた人もいるかもしれませんが
実際には利益の取れるカメラを扱うんです。

だからこの低額帯というのは
ライバルが少ないのです。

次回はより具体的な低額商品の魅力について
お話しますね。

おすすめの記事