【メルマガバックナンバー】ebayで高額カメラを売るメリット【4】

※この記事は過去のメルマガバックナンバーです。

 

 

 

最近メルマガに登録された方は途中からですね。

高額カメラ転売のメリットを伝えています。

今日でパート4になります。

 

パート1~3も見たいという要望があれば

コウに連絡ください。

個別にお送りしますので。笑

 

 

カメラ転売は9年目に突入してますが

カメラ転売をはじめてから後半の3年くらいは

カメラ転売でも高額帯カメラを売ってました。

 

1日1個売って利益3万とか。

月30個売って90万。

40個なら利益120万です。

こんな感じでした。

 

高額帯は当たり前に資金が必要ですが

それ以上にメリットがあるという話です。

ま、資金を準備してまで狙う価値がある

という話のパート4です。

 

 

 

本日は「競合&仕入れ面」での

メリットをお伝えします。

 

 

■仕入価格が高額なのでおのずとライバルが少ない

 

ここは普通に理解できるかと思います。

普通のカメラ転売は仕入値で20万とか30万する

カメラをポンポン買えませんよね。

 

通常のカメラ転売なら単価3万ほどでしょうね。

30万の1個買うなら3万の10個買いますよね。

もうこの時点で10倍違ってきますね。

 

 

しかもさらに利点があるのです。

こういう高額帯の商品ってだいたいが

買う人いないので店に残ってるんです。

そう。長期在庫になりやすいんです。

 

3万の商品は回転がそれなりに早いですが

30万とかする商品は回転が遅くなります。

こうなると僕らの利点は何ですか?

 

そうです。値引きです。

値引きがやりやすくなるのです。

店側も長期在庫にしたくないので

なるべく早く売りたいはずなんです。

店によっては店に置いてから

何日後までに売り切るという指標があるほどです。

 

交渉次第ですが

20万の商品なら普通に数万円下げてくれます。

高額商品まとめ買いとかになれば

さらに値引き可能ですよね。

 

他のライバルと価格帯がかぶらないので

仕入れる商品もかぶらないんです。

だから仕入れが割と楽なんです。

その分資金は必要ですけどね。笑

 

 

 

■仕入れる商品数は少なくて済む

 

ここは高額商品メリットの「効率面」で

言った内容と重複する内容ですね。

仕入れが1日1個とか2個でOKって事です。

 

仕入単価が平均10万の商品を50個並べると

在庫だけで500万ですね。

ある程度の商品を出品してしまえば

あとは売れたら仕入れれば良いわけです。

 

これが通常のカメラ転売であれば

仕入値で10倍違うと言うことは

仕入れ個数も10倍違うという事になりますね。

 

 

 

■仕入が高額なので仕入先の売上に大きく貢献する

 

この部分は戦略的にも超重要です。

カメラ転売を長く続ける為に大事なのは

1にも2にも仕入です。

仕入ができないと転売どころじゃありません。

 

仕入先も生き残らないといけませんよね。

お互いビジネスなので当たり前です。

 

例えば

月に数百万その仕入先に貢献しているとします。

すると仕入先はコウをどう見ますか?

かなりの「お得意様」になりますよね。

それを続ければ「濃い常連客」になるわけです。

 

へたするとコウが買わないと売上ガタ落ち。

なんて状況にもなっちゃうわけです。

 

そうなると仕入先はどういう対応になります?

そりゃコウの無理な要望も聞いてくれますよね。

もちろんこちらも相手側の無理な要望も

受け入れてあげるわけです。

お互い持ちつ持たれつです。

 

こういう関係になるとどうなりますか?

仕入は安定してきますよね?

そこが潰れちゃうとおしまいですが

コウが買えば潰れないですよね?笑

 

 

もちろん普通のカメラ転売でも

仕入先との良好な関係は築けますよ。

ただ、金額が違うって事です。

こっちは数百万。通常カメラ転売は数十万。

これくらい貢献度で差が出るって事です。

 

ここはコウ的仕入のミソですね。

 

 

 

■高額カメラ転売は仕入先を獲得しやすい

 

ここは上記の流れからも理解できますよね。

 

要は売上の貢献度がちがうわけです。

高額なので月に数百万とかもありえます。

1人で数百万ですよ。

仕入先からすればどうですか?

しかもちまちま買わずに気持ちよく

「ドン!」と買うわけです。

 

売上がほしくない商売ってありませんよね。

カメラの仕入先も売上が欲しいのです。

そこに救世主のように

月に数百万使う人が現れたらどうですか?

仕入先ももちろんちゃんと選別して吟味して

選ぶ必要はありますが。

 

コウはカメラが欲しい

仕入先はカメラは手に入るので売上が欲しい

WinーWinですよね。

 

まぁそう簡単にいかない現実もありますが。

基本的にはこんな感じです。

 

コウはこういう事を実践してきたので

長期に稼いでこれたのだと思っています。

要は仕入先との関係が良好だったのです。

たった1店舗良好な仕入先があるだけで

カメラ転売は大きく飛躍します。

それが2店舗も3店舗もあればどうですか?

 

仕入に関してはまだまだ話せる事はあります。

ここではこの辺にしますね。

 

 

次回は「客層面」でのメリットをお伝えします。