【ビジネスについて】インドビジネスの可能性は今や中国以上?! インド輸出は熱いのか?! 

こんにちは。コウです。

 

忙しい時に魅力的な話って舞い込んでくるもんですね。

タイトルにもありますがインドビジネスの話です。

 

今中国輸出でタオバオにもチャレンジしていますが

もちろん中国は外せない市場だと思っています。

しかしその中国と同等、いやそれ以上に魅力的なのがインドです。

 

 

まず人口が現在は約10億人です。

2022年には中国を超える予想らしいです。

予想よりも6年も早いペースらしいんです。

http://jp.reuters.com/article/india-population-idJPKCN0Q408V20150730

世界No.1の人口は中国からインドに逆転するんです。

 

 

しかも現在のインドってネットの普及率15%くらいなんですよ。

インドの通販会社の大手って5社ほどあるんですが

その内のスナップディールとフィリップカートって会社があるんですが

2014年10月に1日の売上がそれぞれ105億円を超えたらしいんです。

1ヶ月ちゃいますよ。1日です。

 

 

ネット普及率15%で1日105億円です。

 

 

ソフトバンクの孫さんも

2014年にこのスナップディールに約680億円投資しましたよね。

インドの国もスナップディールに1兆円以上の投資も表明しています。

その孫さんは今後10年でインドでのEC取引高が60兆円規模に発展すると見込んでいます。

現在の30倍です。

 

 

展望は展望で現在のインドのネットの状況は

まだまだ発展途上なんです。これからって感じです。

なので今、インドに対する投資がハンパありません。

 

 

しかし現状でも十分バケモン市場です。

フィリップカートでとある商品が1日10万個売れたらしいんです。

1日10万個ですよ!!

しかもフィリップカート1社だけでこの数字ですから。

ほんとバケモン市場です。

30倍になったらどうなるんでしょうか。笑

 

 

インドは今急速に発展しています。

人口は日本の約10倍。

所得の構造も変化しているらしいんです。

年間$5000未満の低所得者層が激減しています。(約90%→約40%に)

$5000以上の下位中間層と$15000以上の中間層が劇的に増えています。

(下位中間層 約5%→約50%)

ていうか、めちゃめちゃみんな稼ぎ始めてますよね。

 

 

しかーし、インドの進出には壁がありまーす。

物販に関しては外資は基本ダメです。

インドの会社を通してインドに税金を収めないと販売できません。

ショッピングモールにももちろん出品なんてできません。

 

インドにインド人が運営する会社がないと基本不可能です。

物販はですよ。

他の飲食業などは普通に大丈夫みたいです。

コネとか知り合いとかがいればビジネスは可能らしいです。

 

ネット販売に関しては無理なんです。

今は過渡期なのでそんな感じなのだと思います。

今後は規制などもどんどん変わっていくでしょうね。

 

 

しかし、そんな中でも

入り込んでいる会社もあるんです。

インド人会社の問題、税金の問題がまず解決できれば

一番重要な第一段階はクリアーですから。

その他にもいろいろと問題があるようですが。

 

 

インド進出の条件をクリアして

今年すでに入り込んでテスト販売もしている会社があります。

しかもその会社に日本の大手が販売させて欲しいと

交渉しに来ているみたいなんです。

それだけ今はインドに入り込み難いようなんです。

 

 

そこに繋がりがあるというのは希望が持てるでしょ?

ま、まゆつばもんだと思っていますが。

しかし1つのルートでも入り込めたら

化けるでしょうね。

 

 

やはり誰につながっているかって

めっちゃ大事ですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。