奈良での買取査定の話

こんばんわ。

 

先月、実は奈良で結構な量の仕入れをしました。

正確に言えば買取の査定です。

まだ決まったわけではありません。

 

しかし、ここまでの量は初めてですね。

ダンボール25箱分です。

 

 

とある方のご紹介で、

岡山で航空写真を撮っている方が数十年使ってきた

カメラからレンズから付属品からキャップからフードまでを

売りたいとの事でした。

 

奈良の写真館の方と知り合いとの事で

奈良まで行ってきました。

 

 

とりあえず見積もりを取って欲しいとのなので

急いで見積もりを取りました。

ダンボール25箱分です。

時間もかかりましたが、

結構ジャンク品もありました。

 

 

1D MarkII系のデジタルカメラなんかも8台くらいあったかな。

でもショット数を調べると、40万回とか60万回とか出てきて

ビックラしました(笑)

ここまでよう使ったなぁ。

もちろんジャンク扱いです。

 

 

ペンタックス67なんかは20台くらいあったような…

CFカードとかSDカードとかも200枚くらいあったかな。

ストラップも100個はあったな。

この人すげーな。

ひとり検品しながら唸ってました。

 

 

心の中で

「これ、全部はいらんなぁ~

ジャンクも売れるにゃ売れるけど、売れるまで時間もかかるやろし。

しかも置く場所もないしなぁ~」

 

 

実はジャンクもただ同然で引き取って修理すれば

結構な値段で売れるんです。

 

 

わかってるんです。

が、しかしこんなにいらない…

 

 

思い切ってジャンクは0円で計算しました。

さすがに0円では向こうも渡さないだろと。

 

それでも計算すると総額180万円になりました。

 

 

 

後日、連絡がきました。

デジタル系とジャンク以外は

全て売ります。と。

 

よかった~

ジャンク無しだ~

でもデジタルも無しか。

少し買取額が低すぎたかな(汗)

 

ま、いっか。

金額は80万くらいに減りましたが

それでも十二分に利益が取れます。

何せ直接買取なんで。

 

 

数年カメラを扱ってると

いろなん方と縁ができます。

今回も日々お世話になっている方の紹介でした。

お世話してもらったり、お世話してあげたりです。

人間関係、持ちつ持たれつ関係です。

 

僕は仕入先開拓で大事なのは

人間関係だと思います。

ネットでも仕入れますが、その先には必ず人がいるんです。

 

そこらへんをどう開拓するか。

めっちゃ大事ですよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。