ebay 転売 (輸出)は初心者でも稼げるのか?    初心者の始め方。

 

この記事ではebayで稼ぐというのは一体どういう意味なのか。

そして初心者から稼ぐためにはどのようなポイントを押さえるべきなのかを

 

細かく解説していきますのでしっかり慎重に確認しながら

読み進めていってもらえればと思います。

 

 

           目次

 

 

ebay 転売 (輸出)の始め方

 

ebay転売、ebay輸出とは何なのか? どうすれば始められるのか?

そもそもebayとは何なのかをまずは説明します。

 

 

ebayとはどんな「場所」なのか?

ebayは簡単に言えば「大手ECモール」です。「世界の物販プラットフォーム」ですね。

日本で言えば「ヤフオクの世界版」と言ったイメージで間違いはないかと。

下記のページから一度確認してみてください。

https://www.ebay.com/

 

 

よく比較されるのがAmazonですね。ではAmazonとebayはどこが違うのでしょうか?

どちらも本社はアメリカにあります。

2018年の統計になりますがアメリカの小売ECシェアランキングを見れば

1位はAmazonで49.1%、そして2位がebayで6.6%です。

かなり大差はありますがアメリカで1位、2位のECモールという事です。

ちなみに3位、4位はアップルとウィルマートです。

 

 

ebayの利用者数は世界1.6億人で販売者は2,500万人。

ネットオークションでは世界最多の利用者を有しています。

ebayはアメリカだけではなくイギリス、ドイツ、イタリア、スペイン、オーストラリア

などなど世界約30か国に展開しているグローバル企業です。

 

 

Amazonで販売されている商品はいわゆる一般的な「商品」が多く、

ebayで販売する商品は真逆で希少価値が高く、オリジナルな商品が多いのが特徴です。

ebayにはオークション機能もあるので中古商品も多く出品されていますね。

 

 

ebayは過去に日本にも進出してきましたが2002年にヤフオクに勝てずに撤退しました。

ちなみにヤフオクの利用者数は約1,700万人というデータがあります。

これはスマホからの利用者です。2018年にメルカリに逆転されたらしいですが。

ebayの利用者数は世界ですので1億6,000万人なのでヤフオクの9.4倍ですね。

約10倍ほど利用者も規模も違うと思っても間違いではないでしょう。

 

 

世界とつながっているebayに出品するだけでヤフオクの10倍の規模の世界中の人たちに

アピールできるし世界的なスケールで販売できるプラットフォームという事です。

 

 

 

ebay 転売 (輸出)で儲けるには何をすればよいのか?

 

ebayは世界中につながっています。

ですので世界の人たちが欲しいと思うような商品を売る事が「儲け」に繋がるはずです。

 

日本の製品の品質の高さは世界では有名な話です。メイドインジャパンは高価値なのです。

日本の品質、日本にしかない商品など日本的な特徴がある商品が非常に人気が高いです。

 

日本のフィギア、アニメ、漫画は有名ですよね。あとは釣り具用品なども。

中国人にはドラックストアに販売している殆どのものですね。笑

サーモスの水筒は中国人に超人気でその店も品切れの時期もありましたね。

日本の弁当箱なんかもフランスで超人気だったりしましたよね。

 

 

そしてebayでは日本の中古品も人気のカテゴリーです。

中古ゲーム、中古レコードは特に人気です。

そして我らが中古カメラも世界中に多くのマニアが存在するカテゴリーです。

特にフィルムカメラを購入する殆どの外国人は日本人セラーから購入します。

 

 

このように「日本の製品」というのは世界でかなり需要が高いのです。

「世界に需要がある日本製品を安く購入して高く売る」これがebayの王道です。

 

 

 

ebay 転売 (輸出)のメリットは何か?

 

Amazonではなくebayに出品するメリットはどこにあるのでしょうか?

Amazonも世界各国に存在しますし物流量はとんでもない数です。

なのにebayに出品するのはなぜでしょうか?

 

 

ebayでは希少価値が高く、オリジナルで独創性のある商品が売れ易い

Amazonではいわゆる一般的な商品、そこまで希少価値は求められません。

どこよりも安くする自信のある商品であればAmazon向けです。

 

日本の商品というのは日本の文化から起因している商品なども多いですし

日本自体が独特な文化を持った国です。

そういう国で作られる商品というのは、他の国とは違う「味」があるのです。

 

 

ゲームもフィギュアもそうです。漫画、アニメなんかはまさにどうです。

中古カメラも殆どのカメラメーカーは日本なのです。

という事はフィルムカメラなどは世界中のどこよりも日本に在庫が多いというのは

簡単に理解できるかと思います。

 

 

こういう独特で希少価値が年々高まるような商品はまさにebay向けなのです。

特に中古商品はAmazonよりebayがより活発に取引されています。

上記の理由からebayという世界の巨大ECモールは

日本人向けと言っても過言ではないプラットフォームなのです。

 

 

 

ebay 輸出転売には障壁があるので「ライバルが少ない」

ebayのページを確認してもらったと思いますが、印象はどうでしたか?

全て英語です。どのページも全て英語です。お客さんとのやりとりも全て英語です。

英語が全く分からない人からすると「見るだけで拒否反応がでます」よね?笑

 

 

しかも海外に配送するので配送方法も基本的には英語です。

インボイスという請求書の添付も国ごとで違うのです。

 

そして後でお話しますがebay独自のシステムである「リミット制度」もあります。

この「リミット=出品枠」というのがあり、この出品枠を超える出品はできません。

しかもこのリミットを増やすための交渉はアメリカに直接電話して英語で会話して

交渉しないとリミットが大きく増える事は初期の段階では難しいのです。

 

 

どうですか?上記の事を聞いて

お、自分でも稼げそうだな! すぐやってみよう!とかってなります?笑

なかなかすぐにやるという方は少ないと思います。

みんな同じ事を考えるので「ebayにすぐ参入しよう!」なんて簡単には思わないのです。

面倒くさそう、英語出来ないから無理、自分には出来ない。こう思う人が殆どです。

 

 

上記のように実際の参入障壁もあるし、精神的な参入障壁もあるのです。

だからライバルがなかなか入ってこれない「場所」なのです。

これこそが大きなebay輸出のメリットにつながっていくのです。

 

 

 

ebay 輸出転売は「価格差」が取れる商品が多い

 

日本国内では価格差が無い商品でも海外に出せば大きく価格差が取れる商品が無数にあります。

日本人がそんなに価値を感じていない物でも海外では高需要がある商品は大変多いです。

 

 

ebayでは新品だけではなく、中古品も多く出品されてます。

特に外国人だけが好むような中古商品があったりします。え?何でこれが?って商品です。

 

 

例えば「ノコギリ」。日本のノコギリはサイズが豊富で良く切れるのです。

海外の国によってはこんなによく切れるしサイズが豊富なノコギリは無いようです。

そして「ゼブラのボールペン」とか。

これも海外にはこんなに安くてスイスイ書けるボールペンが少ないそうです。

あとはお守り」とか「歯ブラシ」とか。「お菓子」「ゲームソフトも人気ですよね。

 

 

こういうのってめっちゃ身近にあったりしますよね?

そういう「え?」って商品が海外では人気があったりするのです。

人気なので少しばかり高くても海外では入手困難なのでebayで購入するのです。

身近にこれだけあるという事はしっかりリサーチすれば、無数に探し当てられるのです。

 

 

 

ebay 輸出では「無在庫転売」が可能である

 

無在庫転売って何?と思われた方もいるかもしれません。

もう言葉どおりです。在庫を持たずに販売できるという事です。

要するに「お客さんの注文があった後に商品を購入して発送する」という手法です。

この手法がebayでは可能だという事です。

 

 

これができれば「資金をほぼ使わずに利益をあげられる」という事になります。

お客さんの商品料金の支払いが済んだ後に仕入れてそれを発送するから。

在庫を持たないのです。

 

 

この無在庫販売はAmazonでも可能です。

このような手法をAmazonとebay側はよく思ってないと思いますが、それを確認する事は

殆どできません。だから分からないのです。

 

商品の注文を受けて2-3日後に発送しても海外の人は特にクレームなどはありません。

それくらいの時間がかかるのは普通だからです。

例えばアメリカでは東から西まで時差もあるし商品到着まで1週間は普通にかかります。

日本は配送環境が世界トップレベルなので注文すると明日には届きますよね?

それからアメリカに発送しても十分なのです。逆に到着が早い!と喜ばれたりします。

 

 

無在庫転売ができるので初めに必要な資金がほとんど必要ありません。

これはビジネスとしてはかなり大きなメリットです。

普通に飲食店など実店舗をオープンする事を考えればもう雲泥の差ですよね。

数百万円は確実に必要になってきますし人件費もかかるでしょう。

 

 

 

ebay 輸出転売には「消費税還付」がある

消費税還付というのは文字通り消費税が還付されるという事です。

これはebayだけじゃなく輸出業を営んでいるすべての人に当てはまります。

(仕入+諸経費)x10%=還付額   という計算になります。

 

 

海外で販売した商品というのはお客さんから消費税はもらってないですよね?

でもその商品を仕入れる時にこちらは消費税を払って仕入れています。

普通日本で販売する時場合はお客さんから消費税はもらいますよね?

でも海外の場合、その商品の消費税は購入した人が払うのです。

だから「仕入れた時の消費税とそれに伴う諸経費分の消費税は返しますよ」という事です。

 

 

この消費税還付の額がバカにならないのです。

例えば月に100万売り上げて仕入が70万だったとします。

その場合は、70万(仕入金額)+10万(諸経費)x10%=8万円 となりますね。

月に8万円が還付される分けです。年間だと8万x12カ月=96万。

年間96万円が還付されて入金されるのです。

 

 

月の売上が300万とかになると単純計算で上記の3倍の288万円が還付されるのです。

え?ボーナスやん。笑  って感じですよね?

そうなんです。ボーナス以上ですよね。

 

 

この消費税還付というのは税務署にしっかり届け出をしないともらえません。

個人事業主も法人も「課税事業者選択届出書」を提出しないともらえないのです。

 

 

個人事業主その年の12/31までに届け出をしないと翌年の消費税還付はもらえません。

ここは個人事業主は気を付けないと。忘れたら翌年はまるまる1年間はもらえないです。

 

 

法人の場合の提出期限は適用を受ける期間の初日の前日までです。

例えば決算が3月だとすると4/1からは会社の新年度という事になるので

前日の3/31までに届出書を提出しないといけません。4/1を超えるとアウトです。

 

 

この還付は、年間1回と3カ月毎の還付かを選択できます。

3カ月ごとに申請する場合はその都度資料をまとめる必要があるし、税理士に依頼する場合などは

都度経費がかかるという事は認識しとくべきでしょう。

ただ、3カ月に1回の還付あればキャッシュフローはかなり楽になると思うので

諸経費など計算して実施する意味があるのならやるべきだと思います。

 

 

国内で何かの転売をやる場合は消費税10%を逆に払う必要があるので海外と真逆なのです。

もちろん個人事業主で年間売上が1,000万を越えなければ免税事業者になるので

消費税は払う必要はないですが、月に100万の売上を超えるともう年間1,000万超えです。

となると売上の10%を逆に払わないといけません。

年間1,000万で単純計算で100万です。

 

 

 

海外はこの「消費税還付」がボーナスのように効くので大きな売上が見込める場合は

かなり美味しいのです。

特に販売する商品の単価が高ければ高いほど消費税還付は増えていきます。

同じものを国内と海外で販売してもこの消費税還付の10%の差が出るので

どちらが良いかはよく考える必要があるかもしれませんね。

 

 

 

ebay 転売 (輸出)のデメリット

 

どんなビジネスにもデメリットとリスクは存在します。

ebayに関しても同じですね。デメリットよりメリットが大きいから参入するのです。

 

 

ebay 転売(輸出)はほぼ全てが「英語」でのやりとり

 

ebayはほぼ全てが英語でのやりとりです。いわゆる英語の壁ですね。

上記でも言いましたが、どのページを見ても英語だし、お客さんとのやりとりももちろん英語。

特に初期の頃はリミット(出品枠)が少ないので確実にアップしてもらうための交渉が必要です。

その交渉は全て英語なのです。しかもオペレーターと直接電話しないといけないのです。

 

 

この英語の壁をどう思うかで全く変わってきます。

ただ、結論から言えば「全てが慣れ」です。慣れると何のストレスも感じません。

コウも英語は一切、まったく今でもできません。

英語といってもメールとか文章で来るのでGoogle翻訳とか使えば十分通じます。

そして、やっかいなクレームなどは月数千円の料金を払って文章を翻訳してもらうのです。

そして、リミットアップの交渉は1回4,000円くらい払えば代行で交渉してくれます。

そんなサービスが結構あったりしますから。特に心配ご無用って感じです。

結果的に英語なんて全くできなくてもebayでビジネスは全然可能です。

 

 

ま、面倒くさいと言えば、もちろん英語は面倒ですよ。笑

それ以上のメリットがあったり稼げたりするから参入するんだと思います。

 

 

 

ebay 転売(輸出)は「為替の影響」を受ける

ebayを始める時は基本的にアメリカのIDを取得して始める方が殆どです。

ebay.comという事ですね。アメリカのIDですので購入者はアメリカ人が多いです。

ebayフランスならまた別にフランスのebayのIDを別に取得する必要があるのです。

 

 

基本的にはebay.comでアメリカのIDなので通貨はUSDです。

為替相場は毎日変化しています。その中で輸出業に取り組んでいるという事です。

ですので「$1=109円」の時もあれば「$1=107円」になる時もありますね。

今の「$1=109円代」からすると「$1=100円」というのは円高ですね。

9円も円高というのは極端かもしれませんが。実際には十分にあり得る数字です。

 

 

実際に過去を振り返ると、2011年10月には「$1=75.5円」を記録しました。

東日本大震災とギリシャ危機が重なった時期でしたね。

逆に2015年6月には「$1=125.9円」という相場にりました。

4年で約50円も円安になったのです。

 

 

これをそのまま輸出業に当てはめればよくわかります。

例えば月に 「$30,000の売上」があったとしましょう。

「$1=75.5円」の場合   ⇒ 売上は2,355,600円

「$1=125.9円」の場合 ⇒ 売上は3,777,000円

その差額は、1,421,400円

年間売上の差は、17,056,800円までに膨れ上がるのです。

年間で約1,700万円も差が出るのです。こういう事が起きるのが輸出業なのです。

 

 

なので円安になればなるほど為替だけで大きく利益が伸びたりもします。

その逆もしかりなのでこの為替変動というのはメリットでもありデメリットでもあるのです。

 

 

 

ebay 転売(輸出)は「アカウントのランク」が下がると最悪な事態に

 

ebayのセラーのランクは上から3つあります。

Top Rated Seller(優秀)=TRS

Above Standard(標準)

Below Standard(標準以下)

 

 

一番最初はすべてのセラーはAbove Standardからスタートです。

一番上のTRSのランクを獲得するにはいろいろな条件をクリアーする必要があります。

例えばアメリカバイヤーから評価100が必要だとか。

そしてこのTRSになるとebayに支払う手数料が10%割り引かれるなどの特典もあるのです。

 

 

 

ただ、Below Standardに転落してしまった場合は大変です。

基本的に売れなくなりますし確実にビジネスがストップすると言っても良いでしょう。

売上が3分の1になったり、リミットが大幅に落ちたり、手数料が高くなったりします。

当たり前ですが良い事が全くないのです。

 

それくらいの状態に転げ落ちてしまいます。なのでこのBelow Standardに落ちないように

日々精進する必要があります。本当に大変な事になります。

自分の商品がほとんど表示されなくなる場合もあったりするので。

 

 

Below Standardに落ちる事は最近では殆ど無くなったと言って良いかもしれません。

よほどの事が無い限りこのランクには落ちにくいです。

バイヤーとの間で納得できない理由でebayが仲裁に入り「負け」判定が何度も続いたり

すると落ちる可能性は高まります。

 

でも「バイヤーが自分の主張をエスカレート」しない限り最下位ランクに落ちる可能性は

低いので、その行動を起こす前にバイヤーと穏便に事を納めれば良いのです。

あるいはバイヤーの要求を聞き入れるのです。そうすればBelow Standardに落ちる事は

殆どないと言ってよいでしょう。

 

 

ebay 転売 (輸出)での販売方法は2つ

 

日本の商品を出品して世界中の人に購入してもらう「場所」がebayです。

販売方法としては大きくは2とおりです。「無在庫」か「有在庫」かのどちらかです。

 

「無在庫販売」に関してはメリットの部分でお話ししましたね。

在庫を持たないという方法で稼ぐ事が可能なのです。

ここではさらに具体的に見ていきたいと思います。

 

ebay 輸出「無在庫転売」

 

在庫を持たずに販売するという手法です。

お客さんから代金を受け取った後に仕入れて発送するという手順になります。

海外のお客さんは発送に少々時間がかかっても特に文句は言いません。

日本の感覚とは全く違うのです。注文を受けて商品を仕入れて発送しても十分間に合うのです。

 

転売をする多くの方の仕入先となっているAmazonと楽天なども翌日には到着します。

販売する商品の仕入先の在庫状況によりますがAmazonと楽天に在庫が無くても

他のお店を探せば殆どの場合は仕入可能です。

こういう状況もあるのでこの「無在庫転売」が可能となるのです。

 

無在庫転売のリスクはどの仕入先にも商品の在庫が無い場合です。

これは十分に可能性のある事なのです。この場合はもうお客さんに謝るしかありません。

在庫がないので送れないと。

最近では購入するバイヤーも無在庫で販売しているのを知っている人も多いので

意外とクレームにもならないケースが多いです。

しかしクレームになる場合もあるのでやはり無在庫は在庫が無かった時がリスクですね。

 

 

ebay 輸出「在庫転売」

 

しっかり在庫を持って販売する方法ですね。

在庫を持つと言いう事は仕入資金が必要になるという事になります。

しっかり資金も準備して転売するので希少価値が高く利益率も高い商品が良いです。

そうなるとはやり新品より中古品の方が利益幅も取れますし利益率も高いです。

 

そして資金回収が速い商品を選ぶというのも大きなポイントになります。

回転が遅いと長期在庫になるのでキャッシュフローが悪くなり経営を圧迫します。

 

高単価の商品を選ぶのもポイントだと思います。

その理由は消費税還付との関係もあるからです。

10万円の商品が1個売れると消費税還付額は1万円です。

しかし低単価な商品、例えば3,000円の商品が売れても消費税還付はたったの300円です。

1万円と300円。この差は大きいですよね。雲泥の差と言ってよいでしょう。

 

しかし高単価商品は仕入資金がその分必要になりますね。

上記の例だと高単価は10個仕入れると100万円が必要ですが低単価だと3万円です。

高単価はリターンが大きいし効率も良いし時間が有効に使えるます。

しかし仕入資金が必要だし低単価より売れる時間がかかる場合が多いです。

 

どちらも一長一短ですね。

これはどのように取り組むのか、どういう戦略を立てて組み立てるのかによります。

とりあえずebayで在庫転売をするなら断然「中古品」です。

 

 

 

ebay 転売(輸出)をはじめる:①アカウントの作成

 

ebayを始めるにはまずはebay自体のアカウントを作成する必要があります。

同時にebayで売れたお金を溜めるPayPal(ペイパル)のアカウントも作成します。

ペイパルは決済サービス会社です。

 

ebay.com = ebayアメリカのアカウントを作成する

ebayのアカウントを作成します。ここではebay.com=ebayアメリカのIDです。

ebayは約世界30か国に展開しているので他の国のアカウントを作成する事も可能です。

 

しかし例えばebayフランスの場合ならフラン語で全て対応しないといけなくなります。

ebayアメリカが英語ならebayフランスはフランス語、ebayイタリアならイタリア語です。

もちろん出品ページもそのアカウントの国の言語で出品する必要があるのです。

そういう事なのです。

 

ここではアメリカのIDを作成します。

ebayの日本語版の公式ページにアカウントの作成手順が分かりやすく解説されています。

https://www.ebay.co.jp/open-store/selling-guide/base-how-to-create-ebay-id/

このページを見て作成すると早いかと思います。

 

 

PayPal(ペイパル)のアカウントも同時に作成する

 

ebayで商品が売れると売上はどうなるのかと言うと

ebayの売上管理はPayPal(ペイパル)という決済システムに紐づけて管理します。

ペイパルのアカウントを作った後はebayのアカウントとペイパルのアカウントを紐づけます。

するとebayの売上がペイパルに自動で反映されるようになるのです。

 

ペイパルは下記のアカウント作成ページから作成していきます。

https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/merchant/how-to-signup-business

アカウント作成は特に難しい事はないので手順通り進めていけば登録可能です。

 

 

 

ebay 転売(輸出)をはじめる:②商品リサーチの方法

 

リサーチというのは転売においてかなり重要です。

このリサーチをうまくできれば仕入は「無限」にできちゃいます。利益の取れる商品がバンバン

見つかり、後はしっかり出品して仕入値をいかに下げられるかを考えれば良いのです。

 

しかし無在庫と在庫のリサーチ方法は少し違います。

商品も無在庫は「新品」、在庫は「中古」という感じになると思います。

新品と中古のリサーチはやはり違います。

 

ebay 転売 (輸出)の無在庫販売のリサーチ

 

「中古」でも無在庫は可能と言えば可能ですが殆どのセラーは「新品」です。

中古になると状態も1つ1つ全て違うので写真撮影も違ったりします。時間がかかるのです。

大量出品も中古を扱うとかなり難しくなります。

 

無在庫で稼ぐための必須条件としては「多く出品する」という事です。

数を出す必要があります。はじめはいろんなジャンルに出品してみる事をオススメします。

例えばフィギュアとかアンティークとか釣り具とか。これで100とか200品とか。

とりあえずはじめは何でも良いと思います。

 

そして次に出品した商品の「ウォッチ数」を見て2~3つ入っている商品を見てください。

そしてその「ウォッチの入った商品」の似たような商品を探すのです。

そしてそれをまた出品していく。その繰り返しです。試行錯誤です。

まずはこの作業を繰り返す事で人気があるのか売れ易いのかが分かってきます。

初心者の場合はまずは出品してみて切り捨てていくというのが大事です。

 

 

ebay 転売 (輸出)の在庫販売のリサーチ

 

在庫販売の場合は確実に売り切る事が大事になってきます。

長期在庫にならないようになるべく早く回転する商品を安く仕入れる事が必須です。

そこで大事なのが「過去に実際に売れた販売データー」です。

 

ebayの過去の販売データなどを調べるのに必須なのがテラピークです。

2019年以前は年間約2万円くらい払ってかなり細かいデータが取れたりしました。

しかし2019年の後半にebayがこのテラピークを買収して今ではebayの中の一つの機能として

利用できるようになりました。ただ、今はデータなどの移行期間なのか使い難くなってます。

 

ebayの「Seller Hub」というページの項目の中の「Research」というプルダウンの中に

Terapeak product researchという項目がまた出てきます。

ここで過去の販売データなど調べられます。

 

ebayでモノを買う人というのは「希少価値の高い商品」を求めています。

オリジナルな商品だったり、レアな商品だったりですね。

こういう商品というのは新品では見つけにくいです。

ebayで在庫転売をするなら中古品です。中古品は価値がある商品がとても多いのです。

特に日本の中古品は品質も良く希少価値の高い物が多いです。

 

 

例えば日本の「中古カメラ」。

日本のカメラはデジタルもそうですが昔のフィルムカメラもかなりの人気なのです。

テラピークで調べれば分かりますが日本のセラーから1カ月間に約4億円買ってるんです。

年間じゃないですよ。1か月です。約4億円ですよ。カメラカテゴリーだけで。

ざっくりの内訳は「1.5億がレンズ関連」「2億がフィルムカメラ関連」「0.5億がその他」

ちょっとびっくりですよね。え?フィルムカメラが2億円?って思ったでしょ?笑

現状はそういう事なのです。

 

上記の数字は日本のebayセラーが売った金額です。全体の数字ではありません。

しかも1か月だけの数字です。年間なら4億x12カ月=48億円ですね。

中古カメラ市場というのは日本セラーだけで年間約50億円売ってる市場って事なんです。

 

 

ではカメラはどうやってリサーチするのか。

カメラの何をどうやってどこを調べれば良いのかさえ全く分かりませんよね。

カメラは大きくは「カメラ本体」と「レンズ」に分かれます。

今回はレンズを1つリサーチしてみましょう。

 

まずはどのメーカーをリサーチするのか。

世界的にも有名なメーカーは「Nikon(ニコン)」と「Canon(キヤノン)」ですよね。

特にニコンは昨年2019年に創業100年を迎えた100年企業なのです。それだけ歴史があるのです。

100年も光学産業に携わってきたのです。

もちろんその間に開発したカメラ、レンズは数百以上になるでしょう。

 

今回はNikonのレンズの中でも「50mmの単焦点レンズ」をリサーチしますね。

50mmの単焦点レンズはカメラをやっていると必ず1本は持っているレンズです。

使い勝手が良く特に明るいレンズは人気なので50mmのf1.4をリサーチします。

 

レンズにはデジタル用とフィルム用があるのですが今回はデジタル用の

AF 50mm F1.4 D」というレンズをリサーチします。

AFの意味はオートフォーカス、Dは高精度な露出制御ができるという意味なのです。

レンズの表記に関しては下記を参考にしてみてください。

https://photosku.com/archives/885/

 

 

ebayの過去データが見れる「テラピーク」で調べてみました。

検索窓には「nikon af 50mm f/1.4d」と入れています。

直近で日本のセラーから売れた「Nikon 50mm f/1.4D」レンズです。

まだもっと売れていますが全ては表示していません。

クリックして拡大画像を見てください。相場的にどれくらいで売れてますか?

本体のレンズ価格はだいたい$180前後ですよね。プラス送料が$20~$30ほどですね。

レンズ本体と送料で$180~$200がおおよその相場だという事がわかりますね。

付属品とか箱が付いているなどもありますが、おおよその相場はそんな感じです。

 

 

では次に代表的なヤフオクの過去の相場を見てみましょう。

ヤフオクの過去相場は「オークフリー」で検索します。これは無料なので便利です。

検索窓に「nikon af 50mm f1.4d」と入力し期間は「直近30日」です。

どうですか?どれくらいで仕入れられそうですか?

9,000円代で結構落札されてますよね?では9,500円で購入できたとしましょう。

 

 

ebayの相場は$180~$200。ここでは$180で売れたとします。

仕入値はヤフオクで9,500円です。

今の円相場は$1=109円。

 

 

上記で利益を計算してみましょう。いろいろ手数料が取られていきます。

・ebayの手数料がカメラ関係は約10%です。(ストアにすると6.15%に下がります)

売上$180x10%=$18(ストアだと$180x6.15%=$11.07)

 

ペイパルの手数料が3.9%です。(月売上が増えていくと手数料は減ります)

売上$180x3.9%=$7.02

 

ペイパルの為替手数料2.5%為替からも手数料を取られるのです)

今の円相場は$1=109円なので、109円x2.5%=2.725円 109円ー2.725円=106.3円

自分の口座に実際に振込まれる時のレートが$1=106.3円という計算になるのです。

 

なので売上は$180x106.3円=19,134円

売上19,134円ー仕入値9,500円ー手数料2,660円($18+$7.02=$25.02x106.3円≒2,660円)

ー送料約2,000円=利益4,974円

 

ここから消費税還付があるので利益はプラスされますね。

仕入値が9,500円なので、9,500円x10%=950円

950円が消費税還付額です。実際の利益は4,974円+950円=5,924円です。

 

利益は消費税還付込みで約6,000円ですね。実際には多分もっと取れるはずです。

ある程度出品数が増えるとストアにします。そうなると手数料は下がります。

ペイパルの売上実績も増えてくるので手数料のパーセンテージは3.2%ほどまで下がります。

そうなると7,000円近くまで利益が増えますね。

 

さらにebayの実績が増えてTRSになればebayの手数料は通常の10%引きになるのです。

ここでは$18ですね。これの10%なので$1.8が引かれるので$16.2になります。

(これがストアになると$11.07の10%引きなので、$9.96に。)

 

 

レンズ1個で利益約7,000円取れるという事になります。

カメラに関して言えば1個の利益7,000円は高くはありません。

さらに高額商品を扱ってくると1万円以上の利益はまったく珍しくありません。

「1個で利益10万円」というのも結構あったりします。

 

このようにリサーチしていけば利益の出る商品はたくさんあります。

在庫転売なのでカメラの場合はどれだけ仕入資金があるかで狙える単価は変わってきます。

資金が無ければ低単価のカメラの付属品からリサーチするのもOKですし

それなりに資金があるなら数万円のカメラとかレンズから入るのもOKです。

 

 

ebay 転売(輸出)をはじめる:③どこで商品を仕入れるのか?

Processed with VSCO with c1 preset

 

無在庫は「新品」、在庫は「中古」なので仕入れる場所も変わってきます。

そして無在庫の場合は「数百から数千品」を出品する必要があるし

在庫の場合は稼ぎたい額と仕入単価にもよりますが「100個の出品」は目指したいところです。

 

ebay 転売 (輸出)の無在庫販売の仕入れ先

無在庫商品は新品なので新品商品で価格差が取れてさらに安く購入できるところです。

そして大事なのは常に在庫があって商品到着までに時間がかからないところです。

何より「在庫切れをなくす」というのが大きなポイントでしょう。

Amazon」と「楽天」で仕入れるというのが一番オーソドックスな仕入先でしょう。

この2か所だけでも価格差が取れる商品はたくさんみつかります。

 

その他には「ヨドバシもOKですし、おもちゃなら「ハピネットオンライン」は有名です。

あとは音楽系なら「タワーレコード」、「HMV」あたりは有名どころですね。

 

 

ebay 転売 (輸出)の在庫販売の仕入れ先

 

在庫販売の場合は中古品になるので幅広く仕入れられます。

有名なのは「ヤフオク」「メルカリ」「ラクマ」「ペイペイフリマ」「ジモティー」など。

要するに中古品が購入できるお店ならすべてが仕入対象店です。

あとはどんなジャンルの商品を選ぶかで仕入先は変わります。

 

例えば「中古カメラ」の場合の仕入れ先だと上記のヤフオクなどはもちろんですが

全国の中古カメラ店で仕入れる事も可能です。

Jカメラ」とか「Camera fan」などのカメラポータルサイトで検索するのもありです。

Amazon、楽天、ヤフーショップなどでも中古商品は仕入可能です。

ポイント+キャッシュレスポイントなどを利用して仕入れる事も十分可能です。

 

 

 

ebay 転売(輸出)をはじめる:④ebayに出品する

 

アカウントも作って、売る商品も決まって、仕入もできるようになったら

何はともあれ実際にebayに出品してみる事ですね。

1品で良いので少額の商品を最後まで自分で出品してみると一連の流れがわかるので。

 

ebayは月50品までは無料で出品できます。

51品目からは1商品あたり$0.35の出品手数料がかかります。

ebayって手数料が複雑でわかりにくいんです。

具体的ないろんなebayの手数料に関しては下記から確認可能です。

https://www.ebay.co.jp/start/business/business-fee/

 

 

もちろん販売手数料もかかります。ebayの販売手数料は基本10%です。

販売手数料はカテゴリーによって異なるのです。

主なカテゴリーでは10%ですが特殊なカテゴリーなどになると2%もあるし12%もあります。

下記から確認してみてください。

※画像クリックで拡大

https://ebay.to/2RFHSNU

 

 

上記は無料枠で出品する場合でしたが、有料のストアに登録する方法もあります。

実は出品数によりますがストアにした方が得な場合も結構あるのです。

ストアは5ランクあります。

Starter、Basic、Premium、Anchor、Enterprise

月額利用料は下記で確認してみてください。

※画像クリックで拡大

ストアのBasicにすると月額$21.95かかりますが、無料出品枠は250品に増えます。

 

 

ストアにすべき理由としては基本的に販売手数料が下がるからです。

例えば「カメラ」のカテゴリーで言えばBasicストアで販売手数料が10%⇒6.15%に。

販売手数料が3.85%下がるのです。高額商品になるとかなり大きいですよね。

ランクが一番下のStarterでは販売手数料は10%のまま変わりません。ここは要注意です。

下記がストアStarterの販売手数料の表です。

※画像クリックで拡大

 

 

しかしこれがBasicになるとカメラカテゴリーは6.15%に下がるのです。

下記を見てください。下記はカテゴリーの一部です。
※画像クリックで拡大

https://ebay.to/2GDDMj5

 

50品無料枠でまずはスタートするとしてもある程度出品数が増えてくると

月に$21.95を払ってBasicストアにランクを上げて、無料出品枠250、販売手数料も6.15%で

販売する方が結果的に良いのです。

カメラカテゴリーではそういうパターンが多いです。

どのカテゴリーなのかによるので事前にその辺を認識して作戦を立てるべきでしょう。

 

 

ebay 転売(輸出)をはじめる:⑤海外への発送方法

 

売れた後もまだまだ気を抜けませんよ。

梱包と発送という作業になります。国内の配送業者の基準は「大きさ」ですが

海外の発送料金の基準は「重さ」なのです。ますはここがかなり大事なポイントになります。

 

海外発送方法と送料

 

海外発送料金の基準は「重さ」なので利益を上げるためにはいかに軽く梱包できるか。

これが大事になってきます。しかし軽くした結果「壊れやすい貧弱な梱包」になってしまっては

意味が無いです。輸送中に破損してしまっては元も子もないです。

なるべく軽くする努力をしながらしっかり梱包して送る」事が大事になってきます。

 

発送方法としては「日本郵便のEMS」がメインになってくると思います。

商品の大きさによっては下記のような発送方法もあります。

例えば小さい小物なら国際eパケットライトで追跡番号を付けて送るとか。

大きさ、重さ、到着時間、追跡番号を付けるかどうかなどでどの方法で送るのかは変わります。

中古カメラの場合は殆どはEMSです。

料金に関しては上記各サービスのリンクから調べてみてください。

 

 

海外発送方法での注意点

 

国によって配送事情がまったく違うので要注意国は梱包をさらにしっかりやるべき。

カメラで言うなら中国、ロシア、ベトナム、インドですね。

これは完全に経験値からです。もう除外国に設定してもよいかもしれません。

フランス、イタリアなどヨーロッパは比較的に配送がかんり雑なのです。

放り投げる業者もいたりするので注意が必要です。

 

 

追跡番号がある商品などは発送後は定期的に状況を確認すべきです。

追跡を見ると税関で長く止まっていたり、最寄りの郵便局に到着しているのに

バイヤーが一向に取りに来ない。とかあるのです。

国によっては取り置き期間があります。だいたい1週間くらいだと思った方が良いです。

この取り置き期間を過ぎると日本に返送されてしまうのです。

 

 

なので事前に取り置きされている場合はバイヤーにメールで知らせるべきなのです。

「商品は既に最寄りの郵便局に保管されているから早く取りに来て」と。

でないと強制的に返送されて帰ってきますから。

 

 

ebay 転売(輸出)の「リミット」という制度について

 

ebayにはリミットという制度があります。いわゆる「枠」です。

「出品金額と出品数」が決まっていてそれ以上は出品できないようになっているのです。

最初のリミットは誰もが「10品/$500」です。ここからどうリミットを増やしていくのかです。

 

リミットを上げられる「リミットアップ」は月に1回だけだといわれています。

これは交渉してからリミットを上げるのは月に1回だけという事です。

 

その他に「自動リミットアップ」というシステムも同時に動いています。

これはそのままで「枠を埋めると自動でリミットを上げますよ」という事です。

 

ですのでこの「交渉リミットアップ」と「自動リミットアップ」を上手に利用すれば

月にリミットアップが3回とかも可能なのです。

これは意外と知られていないかもしれません。これは実際にあった事なので間違いないです。

 

最初の「10品/$500」のリミットがほぼ埋まってきた場合、

次のリミットアップはアメリカのebayに直接電話してアップの交渉をする必要があります。

ここで登場するのが「3者会話」です。

リミットアップ時には誰かが翻訳者として間に入って交渉しても良いのです。

なので3者通話機能を使って翻訳者に翻訳してもらいながら交渉すればOKです。

英語が話せる誰かに頼んでもOKという事です。

 

ただ、要領をえていないのでうまく交渉できるのかは分かりません。

ebayの事すらまったく分からない翻訳だけの素人では大幅なリミットアップは望めません。

 

そこでおすすめは「有料のリミットアップ会社」に依頼してプロに交渉してもらうのです。

コウがお勧めするのがebay翻訳&リミットアップ交渉専門会社の「コレット」です。

1回3,500円で交渉してくれます。

リミットアップ専門で長年やってきているので実績も申し分ありません。

かなり親身に交渉してくれます。

ebayアメリカの交渉するオペレーターの名前まで詳しく知ってたりします。笑

「このオペレーターなら行けるね」とか「他のオペレーターに代わってくれ」とか

とにかく現場にめっちゃ詳しいのです。かなり頼りになりますよ。

 

 

ebay 転売(輸出)では「評価数」の見た目は大事

 

評価数に関してはヤフオクとかメルカリと同じですよね。

やはり「評価数=信頼」なので多い方がよいです。自分が客の立場なら分かりますよね。

評価が少ないセラーはやはり不安だし高額商品はなかなか手が出ないでしょう。

 

なので評価数は何かと上げる方が良いです。

二桁と三桁ではやはり見え方が違ってきますので可能なら評価100まで上げるべきです。

これは商品を購入して評価をもらうのも全然OKです。とにかく評価は多い方が良いです。

 

 

 

ebay 転売(輸出)で実際に売れている日本の商品

 

実際にどんな日本の製品がebayで売れているのか。

本当にいろんな商品が数多く売れています。しかも利益もかなり取れてるのも多数。

 

ebay 転売 (輸出)の無在庫販売の商品

例えば下記のキャラクターとコラボした新品の「Zippoライター」ですね。

※画像クリックで拡大

ebayで上記のZippoライターが$299.99で実際に売れています。

 

で、Amazonで探すとありました。9,800円です。

※画像クリックで拡大

これだけで利益いくらありますか?多分利益は15,000円は確実にありますね。

このジッポは本当に適当に探したんです。それでこんなに利益があったのでコウも驚きでした。

 

 

 

 

次にアニメで有名なドラゴンボールの登場人物、ピッコロ大魔王のコスチュームです。

ハローウィンとかで着るのでしょうか。

※画像クリックで拡大

ebayでは$199.8で送料が$23で落札されてます。合計$222.8ですね。

 

こちらもAmazonで探すとありました。14,000円ですね。

しかもこの商品の販売店が「キャッシュレス5%還元の店」なので5%は返ってきます。

※画像クリックで拡大

利益は還付込みで約5,300円ありました。送料は4,000円で計算しました。

1個で5,000円の利益は美味しいですよね。

 

 

ざっとebayのsoldから5,000円~30,000円の商品で、Japanセラーで探しただけなんです。

普通に上から見ていって適当に「これどうかなー?」的な感じで探しただけです。

もちろん利益が取れない商品もありましたが探すのにそんなに時間はかかりませんでした。

時間をかけて本格的にリサーチすれば必ず見つかるはずです。

 

 

 

ebay 転売 (輸出)の在庫販売の商品

在庫転売は基本「中古品」です。

低単価の商品よりも価値の高い高単価の商品の方がebayの属性にマッチしていると思います。

 

 

まずは「中古カメラ」です。Nikon AF-S 70-200mm f/2.8G VR EDというレンズです。

※画像クリックで拡大

ebayでは$869.9と送料$69.9で売れていますね。合計$939.8です。

 

 

上記のレンズがヤフオクでどれくらいで購入できるでしょうか。

※画像クリックで拡大

おおよその相場ですが65,000円ほどで購入できそうですよね。

仕入値65,000円の場合は還付込みの利益は約24,000円です。送料は7,000円で計算。

仕入値70,000円の場合でも利益は約20,000円取れる計算です。

 

 

 

 

次に釣り具の「中古リール」です。シマノの2019年の SW 8000HG というリールです。

※画像クリックで拡大

ebayでは$879.99と送料$40で売れています。合計$919.99です。

 

ヤフオクでどれくらいで落札されてるのか見ましょう。

※画像クリックで拡大

相場を見るとだいたい73,000円ほどで仕入れられそうですよね。

そうなると利益は還付込みで17,000円です。

 

 

 

 

次に昔のスーパーファミコンのゲームカセットです。

「アンダーカバーコップス」というゲームですね。

※画像クリックで拡大

上記はebayの落札情報が見られるテラピークの画面です。

$400以上という高額で買われたりもしてますね。$282もありますね。

今回は$150で落札されたと仮定しましょう。

出品時のライバルの出品状況も違うので価格はライバルを見て決める必要がありますね。

 

 

ヤフオクの落札相場を見てみましょう。どれくらいで仕入れられそうですか?

※画像クリックで拡大

おおよそ相場的には6,000円ほどで仕入れられそうですね。

計算すると利益は還付込みで約8,000円出ますね。送料は1,000円で計算しました。

もし出品時のライバルが少なく$280で売れたりすると利益は約20,000円に跳ね上がります。

 

 

 

ebay 転売(輸出)で稼ぐために大事な事は「行動し手を動かす」事

 

Amazon、ヤフオク、ebayのようにサイトの集客力を利用して転売で稼ぐためには

何よりまずはebayならebayの仕組みをしっかり知った上で「手を動かす事」だと感じます。

当たり前と言えば当たり前の事です。

しかしこの当たり前のことが意外とできない人が多いんです。

 

ある程度の全体像が見えた後は、商品をリサーチして仕入れて出品するだけなのです。

そして売れたら梱包して発送する。この一連の流れの連続です。

 

ebayで稼げない人の特徴はまず頭で理解するのは大事なのですが手が動いてないのです。

頭であれこれ考えても何も始まらないのです。

行動して経験して少しの失敗も重ねる中で「少しの成果」を得られるのです。

最初は毎日のように考えて行動して試行錯誤しないと。慣れるまでやる事です。

 

コウはebayカメラ輸出のコンサルもやってますが

だいたい成果が出ない人って動いてないんです=自分で考えない、行動しない。

逆に成果が出る人は自分で考えて行動して仕入れて経験を積む努力をしています。

言わないとやらない人は成長は当たり前ですが遅いです。

ドンドン出品して失敗を恐れずにとにかくまずはやってみる人が成果を出します。

その人の性格もあるとは思いますが石橋を叩くような慎重な人はかなり成長は遅いです。

 

みんな初めは何も分かりません。コウもそうでした。同じなのです。

誰もやらないだろうし、面倒くさい事をやるからいずれそれがノウハウになるのです。

「電話だけでどうやって仕入先を増やすんですか?」とか

「何でそんなに仕入れられるんですか?」とか言われますが別に特別な事はしていません。

聞けば、え?それだけですか?っていうのが多いのです。

 

ノウハウというのは実はとても平凡な事なのです。

そして少し稼げても満足せずに追及する姿勢がないといずれ稼ぎは目減りします。

これは経験上間違いありません。ネットの世界、ネットを利用した転売の世界なんて

常に臨機応変に対応しないと必ず置いて行かれますよ。

なので常に新しい手法を考えようと努力してください。アンテナはいつも張ってくださいね。

 

 

ebay 転売(輸出)で稼ぐために「計画&キャッシュフローを再確認すべき」

 

これも当たり前の事なのですが1つのビジネスを成功させるためには「計画」は必要です。

この「計画」というのは予定通りにはいきません。

しかし自分の頭の中である程度の「目安」は必要です。これが無い人が結構多いです。

 

おおざっぱで良いのです。1か月後にの売上、利益、販売数くらいの目安は持ってください。

6か月後にどうなりたいのか?月30万円稼ぎたいのならそれは可能なのか?

それを達成させるためには1個あたりの利益はどれくらいで、何個売る必要があるのか。

じゃあ1週間で何個仕入れないと間に合わないのか?などなど。

普通に考えて落とし込めば答えは出るわけです。でもこれすらやらない人が殆どです。

 

特に自分のお金の流れはしっかり確認してください。

無在庫転売の場合の初期資金はほとんど必要ないです。でもゼロではだめですよね?

準備のためのある程度の資金は必要になりますよね。

 

ebayで売れたとしてもその売上金は一旦ペイパルに入りますね。

そのペイパルから自分の口座に着金するまで何日かかるのですか?

特にペイパルの場合は登録して間もない場合は21日間は資金の移動ができないのです。

こういう事も知っておくべきですし、21日というのは3週間です。

この間は資金が移動できないのです。その場合の仕入資金はどうするのか。

 

 

有在庫転売の場合は特に自己資金の管理は極めて大事です。

最低でも何個出品するのか。どれくらいの単価の商品をいくつ出品するのか。

単価から計算すると利益額はどれくらいになるのか。

こういう簡単か計算をして頭に入れるだけでも全然変わってきます。

月、週単位で数字を落とし込んでいくと「今日」何をどれくらいすべきなのかが分かってきます。

おおざっぱで良いのでこういう計画を立てて「落とし込む」という作業は

思っている以上にかなり大事です。そしてそれは意外と効果的なのです。

 

 

ebay 転売(輸出)で稼ぐための「まとめ」 

 

ebayに登録する ⇒ 「リサーチ ⇒ 仕入れる ⇒ 出品する ⇒ 発送する」

これをグルグル何度も繰り返すだけです。その間に全ての作業に「慣れ」てきます。

すると簡単になり効率も上がり、苦痛だった作業が全く苦じゃなくなります。

そしてだんだん商品知識も付いてきて、仕入の視野も広がってきます。

 

全てが「慣れ」なのです。慣れれば苦じゃないです。

逆に慣れるまでやればプロの域に近づいていくのです。

こうすればどうかな?とかこういう方法もあるのでは?とか工夫するようになります。

すると新たな発見があったり、失敗から新たな発想を得たりするわけです。

 

「やり続ける事」って意外とできそうでできないものです。

この「続ける」事が特に転売においてはめちゃくちゃ大事だと思います。

続けられない人はいずれ諦めてしまい「他の稼ぎ方」が稼げそうに見えてきます。

 

でも結局、他のビジネスにチャレンジしても同じ場所で躓くのです。

だから、真剣に「やり続ける事をしっかり決断」してください。

この決断が弱いとすぐに挫折します。ちょっと失敗したくらいで止めてしまうのです。

例えば「30万円稼ぐまでは何があってもやり続ける!」と決断してください。

 

人間って自分一人で全てやろうと思うとキツイですよね?

モチベーションを上げるにも時間がかかったりしますよね。

そういう時に力を貸してくれるのがコンサルだったりその道のプロだったりします。

そういうメンター的な人から学び効率よく稼ぐのはひとつの方法だと思います。

 

 

 

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

ebayカメラ輸出に興味ある方は是非、コウのメルマガにご登録ください。

またはブログ上部の「お問い合わせ」からいつでもご連絡ください。

 

スカイプID⇒ 3e7ebae089521f92

スカイプは基本的に都合が合えばいつでもOKです。

気軽にご連絡ください。