【ebay カメラ輸出転売(保存版)】ノウハウ暴露!コンサル3ヶ月目で出品40個で販売10個→85個、利益5万→26万に!

 

東京のコンサル生のMさんが、3ヶ月目にしてかなりの実績を達成しちゃいました。

 

この数字にはさすがに驚かされました。
作戦がここまでハマるとは思いませんでした。

月に50万とか100万と稼いだわけじゃないんです。
ebayでバリバリ稼いでいるセラーから見ると
全然ごくごくどこにでもある数字ですし
どちらかというとそこまで凄いとは言えない数字でしょう。

 

しかしこのコンサル生の今までの苦労からすると
本当にやり続けて良かった、やっと結果が出始めたという数字なんです。
だからコウもすっごく嬉しいんです。
愚直に愚直に頑張ってる姿が目に浮かんでくるので。

また下記で具体的に分析しますが
出品個数40個で月85個売るというのは
ebayカメラカテゴリーで言うとかなり優秀過ぎる数字です。

 

達成できない数字は無いですが
誰もが達成できる数字でもありません。

しかしこの数字というのは実を言いますと
ある程度は作戦通りの数字だと言っても間違いではありません。
まさかここまでの数字になるとは思いませんでしたが
しっかりとした意図をもって取り組んだのは間違いないのです。

あまりにも作戦がハマり過ぎた嬉しい事例となりました。笑

 

まさかここまでとは思わなかったので
良い機会なので深掘りしながら皆さんにも共有しようかと思いまして
久しぶりに記事を書いています。笑
すいません。定期的に更新できずに。

では、今回の成果を具体的に見ていきましょう。

今回のMさんは実はまだコンサル3ヶ月目なのです。しかも副業ですよ。
コンサル期間で言うとまだ半分の3カ月が残っている中での成果です。

コンサル終了時の数字が今から楽しみで仕方ありません。
伸びしろがあり過ぎて今からワクワクしています。

 

 

とにかくこの期間は「毎日出品、毎日売る」そして「愚直に積み上げる事」を
本当に畑を耕すように頑張った結果だと思います。

 

 

 

 

 

コンサル生「Mさん」のコンサル3カ月目(2021年3月)の結果 ※現在もコンサル中

 

では、まずざっくり結果を見ましょう。

 

コンサル生Mの実績
この実績はまだコンサル3ヶ月目の実績です。

■販売個数  10個 → 85個  8.5倍
■利益      5万 →    26万    5.2倍(売上 4.7倍
■出品個数  約40個
(常時出品してる商品個数)

常時出品してる個数が約40個というのがポイントですね。
それで上記の結果を残せたという事はいかに高回転なのかが分かると思います。

なぜ、この数字を残せたのか、
これはたまたまの偶然なのか、
コウのコンサル前は他のスクールで学んでいました。
しかも1年6ヶ月もです。
なぜ長期間コンサルを受けながら稼げなかったのか。
そしてコウのコンサルで何を気づいたのか。
しかもコンサル3ヶ月目の数字です。

 

コウのコンサルに入る前までの経緯

 

コウのコンサルに入る前の流れを少しお話しますね。
初めてご連絡をいただいたのは昨年2020年11月末あたりでした。

 

それで何度かメールのやりとりをさせていただきアドバイスをさせてもらいました。
確か、ヒアリングさせていただいて
価格の見直しを再度した方が良いですよという話をしたと思います。

そしてその後、アドバイス通り見直すとアクセス、ウォッチが改善し
オファーが入るようになったというご報告を受けました。

 

その時に「価格」をどう見てどう考えるべきなのかかという返信をしたと思います。
そして自分が現在出品してる商品が出品してから何日経っているのか
具体的に出品後の日数を計算すべきという話もしたと思います。
そこで自分が大きな間違い、思い込みをしている事に気づいたと言っていましたね。

 

 

そしてさらにその2週間後にまた連絡がありました。
自分の商品の平均日数を算出すると何と、平均で100日だったらしいです。笑
出品して平均で100日経ってるという事です。平均で3カ月以上ですよ。

 

数字を出して初めて自分が出品してる商品の在庫期間を
超リアルに知る事ができたんだと思います。
なので価格を変更して売りさばき、
100日という数字が36日になったと報告を受けました。

 

出品日数の考え方は下記のラジオの音声を聞いてみてください。

 

いかに今まで自分が「価格の設定」「相場の考え方、見方」が間違っていたのかを
身をもって実感しましたと。そんな報告をしてくださいました。

 

その後もMさんはコウのラジオも欠かさず聞いてくださり
さらにラジオの内容も実際に実践し行動してくださいました。
しかも、細かい報告までしてくださったのです。

 

その内容はラジオでも何度もご紹介させていただきました。
下記がラジオで実際に放送した内容ですね。
数カ月前の事なのですが、なぜかもう懐かしく感じますね。

 

 

こういう流れの後にコウのコンサルに入る事を決断されました。

 

 

コンサル3ヶ月目で大きな結果を残せた4つの理由

 

ここからの内容はコウが直接Mさんにヒアリングした内容です。
3カ月という短期間で成果が出た理由はコウの中ではおおよその検討は付くのですが
実際にMさんがどう感じているのかが、とても大事だと思うんです。

 

コウの思い込みの可能性もありますので、やはり本人がどう思っているのかが大事ですよね。
Mさんがどう感じてどのような手ごたえを感じているのかです。
本人の成長においては本人の感じ方、捉え方が何より大切だと思います。

 

ですので下記からの4つの理由に関してはコウがMさんにヒアリングしてまとめた内容になります。

 

 

①「仕入れ」の考え方、商品の見方に変化があった

 

まずは仕入の面でどう変わったのか。

 

以前のスクールでの推奨仕入場所は「ヤフオク」でした。
ヤフオクでも仕入はやっていたのですが、
返品リスク、不良品、不具合のリスクがどうしても高いというのを
毎日のように認識しながら仕入をしていたと。

 

 

ヤフオクでは比較的安価な商品、
価格で言うと1万~2万までの商品であれば
まだリスクを認識した上で仕入ができたのですが

5万を超える高額商品になると不良品のリスク、
ノークレームのリスクにどうしても手が出なかった、出にくい状況でした。

 

 

殆どの仕入れはヤフオクだったので低額はまだ仕入れられるが
高額になると怖くなり仕入れられずじまい。
そうなると出品数も増えず、中には不良品もあったりするので
その対応に追われたり、ストレスはかなり増えていたと。

なので利益も月に5万くらいしか稼ぐ事ができなかったとの事でした。

 

 

コウのコンサルを受けてて仕入れ面で何が変わったのか。

Mさん曰く、「商品をちゃんと見る」という意味が分かったと。
ちゃんと、しっかり見るとはどういう事なのか?

 

今までは商品自体をいわゆる「点」でしか見ておらず「面」で見る事が無かったと。
「面」というのはどういう事なのか?
カメラならカメラ、レンズならレンズだけの単品がいくらなのか。
こういう見方しかしてなかったという事です。

 

商品単体と価格だけを見るのではなく
「その商品の価値をさらに高められる要素って他に何があるのか?」という目線で見るようになったと。

 

 

例えばデジタル一眼カメラの場合
今までならそのカメラの状態と価格。これしか見てなかったのが
今はそのカメラに付属しているものが何なのか、箱付きなのかどうなのか。
このカメラの価値を高める要素は他に無いのか。という目線です。

それまではフィルム系でも
その商品にどんな付属品が付属しているのかで
価格が変わってくるというのも殆ど知らなかったと言います。

 

 

NIkon F5の裏ブタにMF-28という付属品があります。
裏ブタがこのMF-28のF5と普通にF5では価値が全然違うわけです。
MF-28だけでも$120-130で売れるので。

じゃあ、もしかしてF5の裏ブタがMF-28なのに
普通の裏ブタのF5と同じ価格で販売してる店があるんじゃないか?と考えたりするわけです。

 

 

いやいや、そんないい加減な店無いでしょ~
って思いますよね?探したらたまにあったりするんです。ほんとに。

ちょうど過去にコウがYouTube動画を作ってる時にたまたまですが、本当にあったんです。
下記の動画がそうですね。笑
笑っちゃいませんか?

 

 

キタムラ仕入の解説動画です。13:15あたりからです。
下記の再生ボタンを押すと13:15から始まりますので一度見てください。

こういうのが頻繁にあるわけではないですが
これ、F5だけに限った事ではないんです。他のカメラにもレンズにもあったりするのです。
いわゆる店の「穴」ですよね。

あと、レンズもそうですね。
よくネットで見た時に備考欄に「くもり大有り」とか「ゴミ大有り」とか
「ファインダーに目立つキズあり」とか記載してありますよね?

 

こういうの見たらどうです?買います?
殆どのジャパンセラーって買わないんです。

これも店の「穴」と言えばそうなんですが
こういう時って「本当にくもり大なん?ほんまかな?」と疑う事です。
そして確かめるんです。電話するんです。

そうすると結果的にどうなのか?
定員に確認してもらったら、「確かに曇ってますけど、そこまでじゃない感じですね~」とか
「これランクCとかってなってるけど、何でCなんだろ?」とかって定員が言うんですよ。笑
その時点で買いですよね?

 

普通のジャパンセラーは疑わないんです。そう、店の表記を正直に信じまくってるんです。
コウは「まず疑う」んです。人間なので見落としはありますからね。

 

 

何度電話で確認してもまったく表記と同じ。という店もありますよ。
そんな店は「この店は本当に管理が行き届いてるな、検品レベルも高い」こう見れば良いんです。
コウの場合は、この店の社長ってどんな人やろ?若いのかな?2代目なんかな?とか
その店の背景を調べたりします。笑
ま、そこまでする必要ないんですけどね。

殆どのセラーというのはそこまで調べないです。
店に電話なんかしないでしょ?する人は多分100人いたら数人だと思います。
そこまでするから仕入れられたりするんです。

 

なので、店の「難あり品は疑え」って事です。
店が言ってる「難」とこちら側の「難」は違うって事です。

コウの場合は、ここまで見る事が「しっかり見て仕入れる」という事なんです。
他のセラーはここまで見ません。だからコウのコンサル生は仕入れられるようになるのだと思います。
常に疑ってますから。信じてないのです。笑

 

 

そういう目線で見るとぽろぽろ落ちてくるのです。
そして見えてくるのです。
そして店ごとの商品ランクの特徴とか店員の検品レベルとかも分かってきます。

 

レンズの曇りも
バル切れも、キズも全て同じです。

 

下記は店側の見落としで利益9万円が見込めるという話です。

 

さらに、最近もラジオで放送しました?「合わせて1本仕入」。これも参考になると思います。
要はこういう発想なんです。バッテリー、チャージャーが無いカメラって仕入れます?
仕入れようとしませんよね? そういう事です。下記の音声も聞いてみてください。

 

 

下記のような仕入方法も他のコンサルでは教えないでしょうね。
実践してないから分からないんだと思います。

 

 

上記のようにいろいろな視点、見方で仕入れられるんです。
こういう視点を持って仕入れたら、
以前は仕入れられなかったカメラ屋でも仕入ができるようになったとMさんは言ってました。

 

「点」じゃなく「面」なんです。そしてさらに深掘りして商品をよーく見るという事です。

 

なので、今はヤフオク仕入は殆どゼロです。
普通のネットのカメラ屋から仕入れてますよ。
キタムラしかりナニワしかり、ハードオフしかり。
そうです。皆さんと同じ場所で仕入れてるのにこれだけ差が出るという事です。

 

結局、Mさんは「ebayではどういう商品が利益が取れるのか」という点で
この3カ月で視野が広くなり始めているのです。

なので他のライバルと同じ店で仕入れても
Mさんは仕入れられるという事が起きるのでしょう。

 

 

②「価格設定」の大きな間違いに気づいたから

 

 

価格設定の間違いとは何なのか?

 

 

価格設定とは言葉の通り「その商品の価格をどのようにして決めるのか」です。
売れないセラーの殆どはこの価格の考え方が間違っているケースが大変多いと感じます。

 

 

 

一番の間違いは「トップセラーと同じような価格で売れると思っている」という事です。
あなたが初心者、あるいは初級クラスのセラーなのに
TRSを取得してて評価も400以上あるようなセラーと同じ価格で売れると思っているのです。

 

 

超初心者がトップセラーと同じ価格で常に売れますか?と聞けば
売れませんと答えるはず。
しかしやっている事は正反対です。

 

簡単に売れるはずもない価格を設定しているのです。
根拠づけて紐解いて説明すれば理解できるのにです。

 

相場の範囲と言えばその範囲に入っている価格ではありますが
短期間で売れる可能性が低い価格なのです。

 

売れる場合ももちろんありますよ。確率の問題なので。
でも僕らって初心者セラーなので「武器」が無いですよね?
トップセラーとか中堅セラーに勝てる要素って何かありますか?

 

資金が潤沢にあるわけでもない
評価があるわけでもない
出品数も少ないし取引数も少ない
しかも経験すらないのです。

 

 

で、どうやって勝ちますか?
どうやったらお客さんにあなたの商品を選んでもらえるのですか?
トップセラーとあなたの商品が並んでたら
お客さんはあなたの商品を選ぶと思いますか?

 

 

それでもあなたの商品を選んでもらう為に
一番効果的なのが価格なのです。

 

 

トップセラーが$500で売れたなら評価がまだ100前後のあなたは
どれくらいの価格なら売れると思います?
同じ$500じゃ勝てないのは普通に考えたら分かりますよね?

 

そうです。価格を下げないと勝てないのです。
あとはどれくらい下げるのか、ですよね。

 

もちろん利益が欲しいのはみんな同じです。
でも普通に考えれば他のセラーと同じ作戦で勝てないのは分かりますよね?
そういう事なのです。

 

 

下記のラジオ音声でその辺の事をかなり深く話しています。

 

 

実際に売れている商品の価格、そしてライバルの価格
こういうのをしっかり加味して商品の価格を決めないと間違います。
確実に間違いますよ。ほんとに。
この価格設定で大きく間違っているセラーがとても多いのです。

 

 

Mさんもこの価格の設定がいかに自分勝手で自分都合だったのかを思い知ったと言ってました。
客目線の価格じゃなかったという事なんです。
自分がこれだけ利益が欲しいからこの価格で出品するという設定ですね。
これをやってしまうと、ほぼほぼ売れないです。
長期在庫にまっしぐらですね。

だから出品して3カ月とか半年とかになるのです。

 

 

バイヤーが手が出そうな価格、購入してくれるような価格でないと、そもそも買われません。
そうなると利益は?となりますよね?
結論から言うと、その場合は「利益が出る価格で仕入れる」が正解です。
要するに「仕入をもっともっと頑張るしかない」。という事なのです。

そんな価格で出しても客は買わないという事です。

 

 

「独りよがり価格」 → 「客目線の価格」に視点を変えたからこの結果が出たと言えます。

 

 

買うのはバイヤーですから。
客目線の価格設定を心がけてください。

 

 

 

③「ebayカメラカテゴリーの売り方」を理解する事ができたから

 

 

普通の転売であれば安く買って高く売る。これでOKです。

 

しかし売る場所はebayです。
ebayプラットフォームの特徴をしっかり掴んだ上で売らないとかなりの高確率で間違います。
ebayの特徴に沿って売らないと効率的に売れる事はまずないでしょう。
上手に売る為にはebayの意向に沿う事です。ebayの期待に応える事です。
ebay様様なわけです。笑

 

 

ebayのお伺いを立てながら、ebayに好かれながら
上手に立ち回らないと、そりゃあebay様に優遇されませんよね。

 

 

これってGoogleも同じだし、Amazonでも同じですよね?
そのプラットフォームのルールに従って販売しないと生きていけないのです。
そう。ebayに好かれないと優遇されないのです。

 

 

どうすればebayが僕を、私を好いてくれるのか?優遇してくれるのか?
こう考えるべきなのです。

 

この答えは「売る事」です。たくさん、たくさん売る事です。
そうすればebayも儲かるし、手数料も、広告料もいっぱい払うからebayは喜びますよね?

 

 

だから売れないセラーというのはebayにとっては究極、必要ないのです。
売れないセラーというのはebayに好かれないし、優遇なんてされるはずがありません。
だから、SEO的にも優遇しませんし、可愛がってもらえません。

売らない事には始まらないのです。
だから意図的にでも売る事が何より大事だと口を酸っぱく言ってましたよね?
そういう事です。

 

その辺のSEOの事を話してます。こちらも是非聞いてください。

 

 

だから「毎日売る、毎日出品する」事が無いより大事だと言い続けてましたよね?
この内容って過去に何度も何度も言っているはずです。
なぜ、これだけ何度も言うのか。この意図をしっかり分かって欲しいです。

 

 

下記でかなり大事な事を深くしゃべってますのでよくよーく聞いてくださいね。

コンサル生のMさんも上記の内容をしっかり押さえました。
本当に愚直に行動しましたよ。愚直に愚直にです。
この積み重ねをしたから、しっかり畑を耕したから、今の結果にたどり着いたのだと思います。

 

 

でも、これができないんです。
意外と簡単なようで積み重ねられないのです。

 

しかししっかり行動して実行したらほぼほぼ結果は出ます。
これは断言しても良いと思います。いわゆる鉄板です。

 

 

ebay初心者が参入していきなりバンバン売れる事はまず可能性として低いです。
まずはライバル&トップセラーがいたとしても
バイヤーに購入してもらえるような「武器を揃える事」です。

 

なのでしっかりと「畑を耕す作業」が確実に必要になってきます。
ebayではしっかりと少しづつ自分のIDを育てていかないと常に高値で売る事はできません。

 

出品したら誰でもすぐに売りたいし、利益も取りたいですよね?
でもそんな簡単には売れません。
バイヤーはあなたより信頼もあるし、実績もあるし、ebayにも好かれていて、
さらに優遇もされているセラーから買うのはごくごく当たり前の事です。

 

 

簡単に言えばebay参入初期はすぐに利益を求めてはダメなのです。
最初から利益を求めれば求めるほど、結果的に「成功から遠ざかっている」のと同じなのです。
「成功への近道=最初から利益は求めない」という事なのです。

 

短期目線(参入して直ぐに利益を取ろうする) → 長期(じっくりIDを育てる)

 

こういう目線が確実に必要だと強く感じます。
実際には最初に利益を求めない方が、あとあと大きな利益につながるという事なのです。

 

 

 

④「ライバルの見方と効果的な分析方法」を学び、実践したから

 

 

ライバルをいかに分析するか。
これは本当に大事です。

 

なぜか。
ライバルの出方、価格設定によって自分の商品が売れ易いか売れ難いかが決まるからです。
要は売れる回転が決まるからなんです。

 

 

商品の人気と回転、そしてライバルとその価格で商品選定が決まったりします。
こういう項目をしっかり分析して商品を並べるという事が
回転につながったり、売上、利益に直結したりするので
めちゃくちゃ大事です。

 

多分、こういう分析とか視点で見てるセラーは確実に少ないと思います。
気づいてるセラーはいると思いますが一部だと思います。

 

 

この視点があるか無いかで販売、回転の効率は雲泥の差になると思われます。

 

 

実際に、出品数40個で月に85個売れたのは
この分析方法、視点があったからだと言えます。これは間違いないでしょう。

 

この視点と分析は「かなり強力な武器」になっていますね。

 

 

コンサル生のMさんもこの分析方法には目から鱗だったと
この方法を知らなければ今の成果は無かったと断言していました。

 

 

表面上の事実確認だけ →  深層まで分析(理由を追求)するようになったから

 

ライバルから商品にいたるまで少し視点をずらして深く分析してみる
すると意外な姿が見えてきたという事です。

 

 

 

ebayカメラ輸出で結果を残すには、何をどうすればいいの? (Mさんの結果から)

 

コンサル生Mさんがこの3カ月で結果が出た主な理由を
ざっくりまとめると下記になるのかなと思いました。

 仕入   「点」ではなく「面」の仕入れに。
          (商品と価格だけじゃなく付属品、背景、関連性、仕入店舗の特徴などを深~く見る)

■ 価格設定「独りよがり価格」ではなく「客目線の価格」に。
          (自分の利益を超優先するような価格ではなく、客が買う価格に)

■ 売り方   「短期目線」ではなく「長期目線」に。
          (ebayのSEOを意識する、「毎日出品し毎日売る事」、しっかり畑を耕す、育てる)

 競合分析「浅く薄い分析」ではなく「深く根拠のある分析」に。
          (ライバル分析をする事で無駄、非効率を省き回転を上げる)

他のスクールと何が違うのか? (ここからはコウのアピールです。笑)

 

最後に、アピールになるかもしれませんがコンサルというのは全てが結果です。
シビアな世界だと思います。
いくら人数が多かろうが高額だろうが結果が伴わないとそれは無価値です。
コウ自身もそういう気持ちでやっています。

 

Mさんは他のスクールで1年6ヶ月間コンサルを受けましたが満足いく結果は出ませんでした。
しかしコウのコンサルで息を吹き返しました。しかも3カ月で。

 

これが全てだと思います。
どこが違ったから結果につながったのか。この点はMさんに直接ヒアリングしています。
コウ自身もどういう部分が良かったのか知りたかったので。

 

「Mさんの直筆のアンケート用紙」を用意できればよかったのですが、ごめんなさい。ありません。
また確実に機会を作る予定なので、Stand.fmのラジオに生ライブで登場してもらう予定ですので
そこは楽しみにしてください。笑

 

 

聞く前に助言、指摘をしてくれる

 

他のスクールでは聞かないと答えてくれないが
コウさんはこちらが聞く前にいろんなアドバイスをしてくれる。
その点が全く違ったと言っていました。

 

以前のスクールでは自分自身が自分の問題に気づかない限り
それは分からないまま終わってしまう。

 

しかしコウさんは先に問題を指摘してくだっさたり
こうしたらいいとか、ああする方が良いなど提案、助言してくれるので
自分自身の新たな問題点が浮き彫りになったり、
今まで常識だと思い込んでいた事がそうじゃなかったりするので
そういう点が良かったと言ってもらえました。

 

 

今までのスクールはコンサル生に10人に対して講師1人とかという状態。
なので物理的に1人1人を見切れないし質問があれば答えるというスタンス。
質問もチャットワーク。対面は月に1回。
しかも料金はコウさんの倍でしたと。

 

 

Mさんの返答を聞きながらコウ自身も気づきがありました。
こういう部分に価値を感じていてくれていたのかと。

 

何より売上、利益が大きく向上する事がそのまま成長の証なので
確実に何か変化があったというのは分かるのですが
やはり直接ヒアリングすると違うものだなと思いました。

 

 

簡単で実践的な独自な視点とノウハウがある

 

この部分は上記で記述しましたが
今回の結果を残せた理由の④の部分ですね。

 

「相場とライバルを分析しそれを落とし込み、無駄打ちを無くす」という部分ですね。

 

このノウハウが結構な「目から鱗」だったようです。
正直この視点はかなり価値が高い内容かと思います。

 

この視点が無かったら今回の高回転は実現不可能でした。
この視点を活かして仕入をするからこそ高回転が実現できるのです。

 

 

最後は自分のコンサルのアピールみたいになってしまいましたが
自分のコンサルの違いとか強みが言えないスクール、塾は多いです。
だからこそ少しアピールさせてもらいました。

 

明らかに他では教えてないノウハウがあると自負しますし自信もあります。
そして結果も出しています。

 

この記事もコウ自身が書いているので
いまいち信ぴょう性に欠けるなと思う方もいるでしょうが
全て本当の話なので。本人にもヒアリングもしましたし了承も得ています。

3カ月後のコンサル終了時にはよくある音声対談とかしましょうか。笑

 

とにかくコンサルはまだ半分残ってますがかなり頑張ったと思います。
さらにまだまだ頑張りましょうね。笑
この程度で満足はしてないはずですし長期的に稼ぎ続けないと意味が無いので。

 

 

 

※補足数字  90% と 96.8%

 

今回3月の85個販売という数字ですが、内訳を言いますと

デジタル系「90%」
フィルム系「10%」 です。

 

しかもカード仕入が  「96.8%」です。
この数字何と意味してるか分かりますよね?

 

ちょうどこの話のラジオ音声収録したので是非是非聞いてみてください。

 

 

おすすめの記事